2019年上半期に最もストリーミング再生された楽曲が発表|Lil Nas Xの“Old Town Road”が約13億回のストリーミング再生を記録

6月も終わりが近づき、2019年の半分が過ぎようとしている今日この頃。今年に入ってからリリースされた多くの楽曲の中で、6月までに最も多くストリーミング再生された楽曲が発表された。

Complexが報じるところによると、大手調査会社Nielsenから2019年に最もストリーミング再生された楽曲、アルバム、そしてデジタル販売の売り上げのランキングが発表となっている。

上半期最もヒットしたアルバムはAriana Grandeの『Thank U, Next』で、アルバムを通して155万回以上の再生回数を記録。次いでBillie Eilishの『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』が130万回再生、そして3位のKhalid『Free Spirit』が92万回再生という結果になっている。アルバムのセールスのランキングは結果がやや異なり、1位に映画『アリー/スター誕生』のLady Gagaによるサウンドトラック、2位にJonas Brothersの『Happiness Begins』、3位にBillie Eilishの『WHEN WE ALL〜』と、Billie Eilishを除きストリーミングとセールスのトップ3の内2組が別という興味深い結果となった。

そして楽曲のストリーミング再生数だが、1位はもちろん全米シングルチャートで10週連続1位という歴史的な記録を樹立したLil Nas Xの“Old Town Road”。13億回再生という驚異的な数字を叩き出している。次いで映画『スパイダーマン : スパイダーバース』の主題歌であるPost Malone & Swae Leeの“Sunflower”が8億5千万回再生という記録で2位につけ、続いてAriana Grandeの“7 Rings”が7億7千万回再生で3位という結果に。“Old Town Road”がどれだけ全世界を席巻したかが良く分かる。

詳しいランキングはBillboardにて掲載されている。多くの名曲が彩った2019年上半期だが、果たして下半期にはどのような楽曲がヒットするのだろうか?

RELATED

Billie Eilishが「アンチポップ」としてラベリングされる事への拒否感を語る

現在多くのメディアに登場し、様々な形容詞で表現されるBillie Eilish。そうした中で、彼女自身は「アンチポップ」としてラベリングされる事に強い拒否感があると話した。 Elleのインタビューに対して「私は兄とただ曲を作ってただけ。なのに今『彼女はクソなものに対抗しているアーティストだ。』...

ACOがBillie Eilishの"bury a friend"のカバーをリリース

シンガーのACOが大ヒットしているBillie Eilishのアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』から"bury a friend"のカバーをリリースした。

Lil Nas Xが自身のカミングアウトについてのKevin Hartからの質問に対し答える

全米シングルチャートにて自身の楽曲“Old Town Road”が前人未踏の19週連続1位という大記録を達成し、一躍スターの仲間入りを果たしたLil Nas X。そんな彼が今年の7月、LGBT月間に合わせて自身がゲイであることをカミングアウトし大きな話題となったのは記憶に新しい。そして今回、彼はHBOの人気企画『The Shop』に登場。その予告映像が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。