2500年前の墓地から古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡が発見される

北京の中国科学院・科学アカデミーのYimin Yang率いる考古学者チームは、中央アジアのパミール山脈にある2500年前の墓地で、古代人がマリファナを吸っていた最も古い痕跡を発見した事をScience Advancesで発表した。

Yang氏は「中央アジアの考古学における長年の研究討論の1つは、特にエフェドラと大麻を中心とした薬物使用の起源である」とNewsweekに述べている。また、「私達はこれらの麻薬植物が中国西部の青銅器時代や初期鉄器時代に流行していたかどうか興味がありました。しかし、考古学者や考古生物学者はこれらの精神活性植物の断片的な証拠しか見つけられず、どのように古代人が消費していたのかどうか掴めませんでした。」と今回の発見を評価している。

Yang氏のチームは、ガスクロマトグラフィー質量分析法(GC / MS)と呼ばれる技術を使用し、古代に発見された10個の火鉢を分析した。それにより、ボウルと石に高レベルのTHC残留物(麻薬植物に見られる精神活性化合物)が含まれていた事が判明した。研究者たちは、おそらく死者とのコミュニケーションのための方法として、埋葬儀式の際に麻薬植物が使用され、精神を変化させる効果があったと推測しているようだ。

古代中国の人々は紀元前3500年から油や衣服の為に大麻を栽培していた事は明らかになっていたが、今回の調査結果により初めて人々がハイになるために大麻を使っていた事が判明した。

Yang氏は「火鉢は葬儀で使用されていたと推測される」と語っている。また、 「特別な楽器も発見されました。他の木製のものも含めて多くが火にかけられており、葬儀には火、音楽、麻薬が使われていた可能性があります。」と話している。

related

Richardsonがカリフォルニアの最も大胆な大麻企業Alien Labとコラボレーション

RichardsonがAlien Labとコラボレーションし、2021年10月30日(土)よりカプセルコレクションを発売する。 Alien Labsは、カリフォルニアの最も大胆な大麻企業の一つであり、世界的な現象としていち早く大麻文化をブランド化した企業の一つである。 本コレク...

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。