カントリーチャートから排除されたLil Nas Xの“Old Town Road”にカントリーの大物Billy Ray Cyrusが参加したリミックスがリリース

TikTokでの流行をきっかけにバイラルヒットし、バンジョーをフィーチャーした「カントリーラップ」という独自のスタイルで注目を集めたLil Nas Xの“Old Town Road”。一時は全米シングルチャート、全米R&Bチャート、全米カントリーチャートのトップ100に同時にランクインするという快挙を成し遂げたものの「カントリーとして十分じゃない」という理由でカントリーチャートから削除された同曲に、カントリーのビッグネームであるBilly Ray Cyrusが参加したリミックスバージョンがリリースされた。

Billy Ray CyrusはMiley CyrusやNoah Cyrusらの父親としても知られるカントリーシンガー。80年代より現在に至るまで、カントリーの第一線で活動を続けている。XXLによれば彼は昨日、自身のInstagramで“Old Town Road”がカントリーチャートから削除された一件に触れている。Cyrusは「“Old Town Road”に起こった全てのことを見ていたよ。俺がかつてチャートから追い出されたとき、Waylon Jenningsに“褒め言葉として受け取っておけ”と言われた。お前が素晴らしいことをやっているという意味だ。アウトローはアウトロー。俺たちの仲間にようこそ!」と、かつてカントリーのレジェンドであるWaylon Jenningsに言われた言葉を紹介しながらLil Nas Xに賛辞を贈っている。

同時に、Billy Ray Cyrusが参加した“Old Town Road”のリミックスが公開。

Cyrusはフックと後半の部分でボーカルを披露しており、オリジナル以上に泥臭さが増したことでよりカントリーらしい仕上がりとなっている。

カントリーレジェンドが参加した“Old Town Road”は、今度こそBillboardにカントリーであると認められることが出来るのだろうか?

RELATED

Young M.AがLil Nas Xのカミングアウトについて「賢いやり方だった」と語る

“OOOUUU”でブレイクを果たし、またレズビアンであることを公言していることでも知られるラッパーYoung M.A。そんな彼女が、先日ゲイであることをカミングアウトし話題を呼んだLil Nas Xについての持論を語っている。

Anderson .PaakがLil Nas Xの“Old Town Road”をカヴァー

今年の上半期、良くも悪くも最も話題を攫ったのは間違いなくLil Nas Xの“Old Town Road”だろう。17週連続で全米シングルチャート1位を獲得するなど、文字通りアメリカ全土を席巻した同曲だが、Young Thugらが参加したヴァージョンなど多くのリミックスがリリースされたのも印象深い。そんな中、Anderson .Paakが“Old Town Road”をカヴァーし、話題となっている。

Lil Nas Xが自身のカミングアウトについてのKevin Hartからの質問に対し答える

全米シングルチャートにて自身の楽曲“Old Town Road”が前人未踏の19週連続1位という大記録を達成し、一躍スターの仲間入りを果たしたLil Nas X。そんな彼が今年の7月、LGBT月間に合わせて自身がゲイであることをカミングアウトし大きな話題となったのは記憶に新しい。そして今回、彼はHBOの人気企画『The Shop』に登場。その予告映像が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。