TikTokからヒットしたLil Nas Xの カントリーラップ“Old Town Road”が「カントリーじゃない」という理由でカントリーチャートから外される

TikTokでの流行をきっかけにバイラルヒットしたLil Nas Xの“Old Town Road”。バンジョーをフィーチャーしカウボーイのライフスタイルを歌ったこの楽曲は全米チャートで初登場83位を記録した他Apple Musicのカントリーチャートで1位となっていた。しかし今回、Billboardが同曲を全米カントリーチャートから除外することを決定したと報じられている。

Rolling Stoneによると、Billboardの担当者は同曲のカントリーチャート入りを「間違いだった」としており、「“Old Town Road”をカントリーチャートに入れるメリットが無いと判断されました。ジャンルを判断するにはいくつかの要素を考慮しますが、第一かつ最も重要なものとなるのは音楽的な構成です。“Old Town Road”はカントリーやカウボーイのイメージをリファレンスしていますが、今日のカントリーミュージックとして十分な要素を含んでいません」との声明を発表している。たしかに“Old Town Road”はカントリー的なサンプルを用いそのようなイメージを打ち出してはいるが、楽曲の構成は紛れもなくヒップホップであるため完全に「カントリー」と言い切ることは出来ない。

しかし、白人はそのファン層の大半を占めるカントリー市場から黒人アーティストであるLil Nas Xを除外することに、少なからず人種という要素が関わっていることを指摘する向きもあった。Billboardはそのような声に対し、「“Old Town Road”の追放に人種は関係していない」との発表も行ったようだ。

その斬新さによってインターネットでは好意的に受け入れられたLil Nas Xの「カントリーラップ」だが、元のカントリープロパーなリスナーたちに彼の楽曲を受け入れることは難しかったのだろうか。R&B/ヒップホップチャートとHot100には依然として同曲が残っているが、そちらの二つのチャート上での今後の動きも気になるところだ。

RELATED

Lil Nas Xの“Old Town Road”が2019年のカントリーミュージック協会賞を受賞

史上最も長く全米シングルチャート1位を記録するなど、今年を代表するヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。カントリーの要素を取り入れた同曲は当初全米カントリーチャートにランクインしたものの後にランキングから外される、といった騒動でも話題を呼んだが、そんな“Old Town Road”が今回アメリカのカントリーシーンで最も権威ある賞の一つであるカントリーミュージック協会賞(CMAアワード)を受賞した。

Nine Inch NailsのTrent Reznorが自身の楽曲をサンプリングしたLil Nas Xの“Old Town Road”について語る

全米シングルチャート史上最も長期間1位を記録した楽曲として歴史に名を残すなど、今年を代表するヒット曲となったLil Nas Xの“Old Town Road”。バンジョーを用いたカントリーテイストのトラックが印象的な同曲だが、バンジョーのサンプルはカントリーではなくNine Inch Nailsの楽曲からサンプリングされたものである。そんな“Old Town Road”を、サンプリングされたNine Inch NailsのTrent Reznorが初めて聴いた際の感想を明かし話題となっている。

Lil Nas Xが少年時代に自身のセクシュアリティに対して感じた苦しみを明かす

“Old Town Road”で全米チャートの歴史を塗り替える19週連続1位という記録を達成し、さらに6月の終わりに自身のセクシュアリティをカミングアウトして話題を呼んだLil Nas X。そんな彼が、ゲイであることによって少年時代に苦しい思いをした経験を明かしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。