Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25作の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

CBSによると、今年は前述したようにJay-Zの『The Blueprint』に加え、Earth Wind & Fireの“September”やCyndy Lauperの『She's So Unusual』などが選ばれたとのこと。アメリカ議会図書館の司書であるCarla Haydenはこの選考について、声明にて「永久保存音楽作品に選ばれるということは、私たちの魂を豊かにする音楽、私たちの物語を伝える声、そして私たちの生活を写す音として、高く評価されたということです」と語っている。

『The Blueprint』はJay-Zの6番目のアルバムで、Just BlazeやTimbalandのほか、当時はほとんど知られていなかったKanye Westを制作に迎えているのが特徴だ。"Izzo(H.O.V.A.)"や"Girls,Girls,Girls"など多くのヒット曲を生み出した同作は、前述したように、今でも史上最高のヒップホップアルバムの1つとして多くのリスナーに親しまれており、今回の選出も納得といえるだろう。

これまで、『The Blueprint』はTidalでしか聴けない状況だったが、これを機にアメリカ議会図書館でも聴くことが出来るようになった。アメリカに行った際に、立ち寄ってみてはいかかだろうか。そして今後、さらにヒップホップアルバムの選出は増えていくことが期待されるが、どのラッパーの何のアルバムが選ばれるか、今から楽しみである。

related

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

The Neptunesが再始動しLil Nas X、Jay-Z、Lil Uzi Vertらと共に制作をしていることが判明

2000年代のヒップホップシーンにおいて多大な人気を誇り、今なお大きな影響を与え続けるプロデューサーデュオThe Neptunes。そんな彼らが今回待望の再始動を果たし、制作を行っていることが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。