Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

2014年、ピッツバーグのラッパーJamal Knoxが裁判で2年の服役を命じられた。彼は2012年に銃器と薬物を所持していた容疑で逮捕され、その後“Fuck The Police”という楽曲をリリース。そのリリックの中のいくつかの部分が問題となり、テロの予告や目撃者への脅迫だとして再び告発され、その結果として有罪判決が下ることとなってしまったという。

New York TimesSPINが報じるところによると、Chance The Rapper、Meek Mill、Killer Mike、21 Savage、Yo Gottiたちがこの一件に抗議し、今月3月6日に最高裁判所に宛ててラップの意義を説明する文書を送付。そこで彼らは「ラップを実際の犯罪の証拠として扱うべきではない」と説明している。Knoxの“Fuck The Police”の歌詞は「詩歌の一つ」であり、犯罪を示唆するような部分は「ラップのスタイルの中で作られた二つのキャラクターによって語られている。それは誇張された暴力的なレトリックで知られており、複合的かつバラエティに富んだ言語を用いる」として、Knoxのラッパーとしてのスタイルを解説。そして「暴力的な部分は文字通りに受け止められるものではなく、ラップの知識があるリスナーに向けてラップを理解させるために用いられたものである」と、ラップを理解するためにある程度の前提知識が必要だとしてKnoxを擁護した。

ラップの中でもギャングスタラップはいかにリアルかつサグなスタイルを提示出来るかを競うものであり、アーティストには実際に犯罪歴のある者も多い。しかしアートとしてのラップには誇張された表現も含まれるため、文字通りの犯罪の告白や脅迫であるとは限らない。それらを犯罪の証拠として扱うのは安易かつ危険だといえるだろう。

Chance The Rapperらによる文書によって裁判官たちがラップという文化のマナーを理解できたかどうかは不明だが、多少なりとも知識を得ることが出来れば状況は改善されてゆくかもしれない。

RELATED

21 SavageがKodak Blackの逮捕について「ラッパーはもっと自分の身を守らなければいけない」と語る

先日のRolling Loudに出演する直前に銃器を所持していた容疑で逮捕され、最大で10年の禁固刑を受ける可能性も浮上しているKodak Black。今年に入り警察沙汰や他のラッパーとのトラブルを数多く起こしてきた彼に対し、21 Savageがアドバイスを行なっている。

Meek Millが他人を撮影した動画をSNSに投稿する行為に苦言を呈する

先日、SNSに疲れInstagramのアカウントを削除したMeek Mill。それから一ヶ月と経たずInstagramアカウントを復活させた彼が、他人を撮影しSNSに投稿する行為に苦言を呈している。

Chance The RapperがWendy’sのTwitterに「スパイシーナゲットを復活させてくれ」と呼びかけ本当に復活することが決定|ニューアルバムも予告される

フォロワーを煽り競合他社とラップバトルをし、ミックステープをリリースするなど独特かつサグなTwitterの使い方をすることで知られているWendy’s。そんな手強い相手に、Chance The Rapperが勝負を挑んだようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。