Killer Mike

ジョージ・フロイドさんの死に伴いTravis Scott、Chance The Rapper、Killer Mikeを始め多くのラッパーたちが声明の発表やデモへの参加を行う

先週ミネソタ州ミネアポリスにて発生した、アフリカ系アメリカ人男性のGeorge Floydさんが警察から不当な取り調べを受けている最中に窒息死させられた事件。警察による暴力や人種差別に対する抗議が広がり、先週末には全米で大規模なデモに発展したことが報じられたが、多くのラッパーたちも警察やレイシストに対する抗議の声明を発表している。

Killer Mikeが「マリファナの非犯罪化に関してラッパー達は称賛に値する」と語る

昨年から、アメリカでは15もの州においてマリファナの非犯罪化が認められた。アメリカのみならず、タイやカナダなど各国でマリファナの合法化が進められていることからも分かるように、世界各地にマリファナの使用を認めようとする動きが広まっているのは事実だ。もちろんこの動きが広まったのは、熱心な活動家や大麻推進派の人々の努力の賜物と言えるが、Run The JewelsのKiller Mikeはヒップホップシーンもこの動きに多大なる貢献をしたと語っている。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

Netflixオリジナル番組『キラー・マイクのきわどいニュース』で学ぶ、ぶっ飛んだアイデアと実践力

現在Netflixで配信されているドキュメンタリーシリーズ『キラー・マイクのきわどいニュース』をご存知だろうか?

Killer MikeがThe Breakfast ClubのDJ Envyと公立学校について白熱議論

ラップデュオRun The JewelsのKiller Mikeといえば、そのリリカルなラップからもうかがえるようにラッパーの中でも論理的な思考の持ち主として有名だ。そんな彼が人気ラジオ番組The Breakfast Clubに出演し、ホストのDJ Envyと白熱した議論を展開している。

アトランタで大麻所持の罪を軽くする法案が可決 | 2chainzやKiller Mikeなど同市出身のラッパーたちの反応

ジョージア州アトランタ市で、大麻軽犯罪化法案が満場一致で可決。大麻の所持が軽犯罪扱いになり、刑罰が懲役ではなく罰金のみになるとのこと。それについてアトランタ市出身のラッパー達の反応を示している。

バーニー・サンダースの呼び込みでRun The JewelsがCoachellaに登場!

民主党大統領候補の呼び込みでライブが開始される