アトランタで大麻所持の罪を軽くする法案が可決 | 2chainzやKiller Mikeなど同市出身のラッパーたちの反応

ジョージア州アトランタで、大麻軽犯罪化法案が満場一致で可決。大麻の所持が軽犯罪扱いになり、刑罰が懲役ではなく罰金のみになるとのこと。それについてアトランタ市出身のラッパー達が反応を示している。

今週月曜日にジョージア州アトランタ市の市議会は、満場一致で大麻軽犯罪化法案を可決。これまでのアトランタ市の法では、1oz(オンス)以下の大麻所持で逮捕されると、6ヶ月の懲役か最大$1000の罰金が課されていた。今回新たに法案が通ったことによって、大麻所持で課される罰は最大$75の違反切符のみになる。

今回この法案を議会に提出した市長のKwanza Hallが、可決されたことについて声明を発表。Hall市長はこの法案によって、アトランタ市内の人種格差が無くなると主張した。アトランタ市民のうちアフリカ系米国人は54%であるが、大麻所持で逮捕された人のうち92%がアフリカ系米国人の黒人。これは変えなければいけないことだとHall市長は語る。

「現在の政策は人々の人生を壊してしまう。家族を引き裂き、学生は奨学金を失い、そして職につけない人々を増やしてしまう。市民の納めた税金を何百万ドルも、大麻違反者を投獄するために無駄に使っている。」と罪の重さと罰が釣り合っていないと述べた。

今回アトランタ市の大麻軽犯罪化法案が可決されたことについて、アトランタ市出身のラッパーたちが反応を示した。

?? @kwanzahall !!!! Mannnn this will save so many young people from bullshit charges that later haunt them

2 Chainz Aka Tity Boiさん(@hairweavekiller)がシェアした投稿 -

2chainz:「一生背負わなければならないこの馬鹿げた罪から、たくさんの若者を救ってくれる」

#Atliens ? @kwanzahall

Big Boiさん(@therealbigboi)がシェアした投稿 -

Killer Mikeは可決を喜び、黒人の未来と自由を気にかけてくれた上院議員と市長に感謝を述べる。

合法化されたわけではないが、1oz以内の所持であれば懲役刑では無くなったアトランタ市。先月末Young Thugはアトランタ市で大麻所持で逮捕されている。

RELATED

Killer Mikeが「マリファナの非犯罪化に関してラッパー達は称賛に値する」と語る

昨年から、アメリカでは15もの州においてマリファナの非犯罪化が認められた。アメリカのみならず、タイやカナダなど各国でマリファナの合法化が進められていることからも分かるように、世界各地にマリファナの使用を認めようとする動きが広まっているのは事実だ。もちろんこの動きが広まったのは、熱心な活動家や大麻推進派の人々の努力の賜物と言えるが、Run The JewelsのKiller Mikeはヒップホップシーンもこの動きに多大なる貢献をしたと語っている。

【コラム】なぜ日本では「容疑者」の作品は自主回収されてしまうのか

ことヒップホップやクラブミュージックはドラッグの描写と切っても切り離せないカルチャーであり、薬物の所持、使用で逮捕されるアーティストは数え切れないほど存在する。

Chance The Rapperらがアメリカ最高裁にラップの意義を説明する文書を送る

ヒップホップというジャンルの特性上、ラッパーの中には罪を犯し逮捕される者も多い。そうした際に彼らの楽曲のリリックが証拠として扱われることがあるが、複数のヒップホップアーティストがそれに反対し、裁判所にラップを理解する手引きとなる文書を送ったという。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。