バーニー・サンダースの呼び込みでRun The JewelsがCoachellaに登場!

カリフォルニアで開催中のCoachellaにて、ラップデュオRun The JuwelsのKiller Mikeの「ベストフレンド」であり、民主党大統領選挙選に出馬中のバーニー・サンダースが、Run The Jewelsをステージに呼び込むビデオにサプライズ登場した。Run The Jewelsはメインステージでライブを行った。

Run The Jewelsが支持してやまないバーニー・サンダースは、ビデオの中で、「この数年間の大統領候補選を戦う中で、一つのハイライトといえるのは、Killer Mikeと知り合えたことだ。情熱、知識、コミュニティへのコミットメント、それらの深さは自分にとってのインスピレーションのもとになっている。彼との友情を大事に思ってるよ」と語った。

Run The Jewelsは新プロジェクト『Run The Jewels 3』から数曲披露し、更にNasをステージに呼んで、またDJ Shadowの新作に収録される新曲"Nobody Speak"もパフォームした。

related

インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

Run The Jewelsが予定のリリース日を2日早めニューアルバム『RTJ4』をフリーダウンロードと配信でリリース

日本時間で本日6月4日1:00AM、当初予定されていたリリース日を2日前倒して、Run The Jewelsの新作アルバム『RTJ4』がRTJのWebサイトでのフリーダウンロード及び各配信プラットフォームでリリースされた。

ジョージ・フロイドさんの死に伴いTravis Scott、Chance The Rapper、Killer Mikeを始め多くのラッパーたちが声明の発表やデモへの参加を行う

先週ミネソタ州ミネアポリスにて発生した、アフリカ系アメリカ人男性のGeorge Floydさんが警察から不当な取り調べを受けている最中に窒息死させられた事件。警察による暴力や人種差別に対する抗議が広がり、先週末には全米で大規模なデモに発展したことが報じられたが、多くのラッパーたちも警察やレイシストに対する抗議の声明を発表している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。