Drakeが4400万円の特注iPhoneケースを作ったことが明らかに

先日のグラミー賞では“God’s Plan”で年間最優秀ラップ楽曲賞を受賞したDrake。名実ともにトップラッパーとなった彼は強大な財力を惜しげも無く披露することで知られているが、またしてもとんでもないお金の使い方をしたようだ。

DrakeはジュエリーブランドのJason of Beverly Hillsに推定40万ドル(約4400万円)相当のオーダーメイドカスタムiPhoneケースの製作を依頼したという。昨日同ブランドのCEOであるJason ArashabenがHypebeastの取材に対して語ったところによると、DrakeはiPhone XSが発売されると同時に「ジュエリーのコレクションに追加するための何か凄い物を作りたい」とブランドに連絡したとのこと。せっかくiPhoneを買うのだから特注ケースを作ろう、という発想は庶民の我々にとって理解出来ないものだが、いかにもDrakeらしいと言える。

Because we can’t do basic! Diamond iPhone case cover for our friend @champagnepapi 🙏🏼🙏🏼🙏🏼

JASON OF BEVERLY HILLSさん(@jasonofbeverlyhills)がシェアした投稿 -

iPhoneケースは18Kのホワイトゴールドでボディが作られており、80カラット以上のホワイトダイアモンド、ブルーダイアモンドで埋め尽くされている。中心にはDrakeのレーベルOVOのアイコンであるフクロウが存在感を放つ。ラグジュアリーと言う他ない出来栄えだ。

以前にも同じJason of Beverly Hillsに巨大なダイアモンド製のフクロウのアクセサリーを作らせていたDrakeだが、今回のiPhoneケースもそれに劣らぬインパクトを与えてくる。

そんな彼のデビューミックステープである『So Far Gone』が10周年を迎えた。Kanye Westのビートをサンプリングした“Say What’s Real”が収録されている問題で同曲が入った『So Far Gone』のフルバージョンはストリーミングサービスで聴けない状態にあったが、10周年を機にストリーミング解禁するのではないかと見込まれている。Drakeは自身のInstagramにて『So Far Gone』に関わった人々に感謝の気持ちを表明しており、その中にはKanyeも含まれている。

View this post on Instagram

@futuretheprince a decade ago you were Dj’ing all ages parties...@ovo40 a decade ago you were scared to share your beats...@oliverelkhatib a decade ago you worked at a clothing store selling someone else’s product...@boi1da a decade ago you were in a basement with pink insulation walls figuring out fruity loops...@ovoniko a decade ago we were handing out flyers promoting club nights...@realbriamyles a decade ago you were working the makeup counter at Beverly Centre...@nebzilla a decade ago your moms house was my safe place and we really ran through the 6 everyday together...@bunb a decade ago you were a legend and you will remain that forever...@benballer a decade ago you promoted me as if you were getting a cut of my career...@treysongz a decade ago you were the first person to recognize potential and give me a co-sign...@omarion a decade ago you came to the Beverly Wilshire Hotel and laid a verse for an unknown artist from Canada...@darkiemade a decade ago you emailed me the cover art for something that would change my life forever....@kingjames a decade ago you came to my release party at 6 Degrees and made me the biggest artist in the city off your presence alone...@kanyewest a decade ago I rapped over your beat cause you just made the best shit and even though you stay wildin on twitter these days I will never forget what you contributed to the game and my career...Portia I don’t know your IG but a decade ago you told me to rap over June 27th and bonded me and Houston Texas forever...@jas.prince a decade ago you took a chance on MySpace and introduced me to Wayne...@liltunechi a decade ago you took me out of Toronto and gave me the biggest blessing anybody has ever given me...I will never forget anybody involved in this journey even if you don’t fit in this caption...So Far Gone streaming everywhere for the first time ever Thursday. 🙏🏽

A post shared by champagnepapi (@champagnepapi) on


ストリーミングサービスに表示されるのは未だに一部の曲をに抜き出したEPのバージョンのままだが、続報を待ちたい。

今年も音楽面、そして私生活での行動でリスナーを楽しませてくれそうなDrakeであった。

RELATED

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAファイナルの影響でDrakeの楽曲がベイエリアのラジオ局で放送禁止に

今年のNBAファイナルはゴールデンステート・ウォリアーズとトロント・ラプターズの顔合わせとなっている。両者1勝ずつで本日第3戦が行われているが、ラプターズを後押しするDrakeのおかげでヒップホップファンも興味津々となっているようだ。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。