J. Coleが生前のXXXTentacionとのエピソードを語る

Billboardのカバーストーリーに登場したJ. Coleが、今年の6月にこの世を去ったXXXTentacionと交わした印象的な会話について語っている。

今年の2月、J. Coleの元にXXXTentacionからの連絡が届いたという。「FaceTimeで話せないか」というXXXTentacionの要望によって、二人は三時間もの間電話をしたそうだ。「彼はスピリチュアルとメンタルについて話していた。俺を褒め称えて、彼が思っている俺に近づきたいってことを言っていた。俺は自分がそんなレベルに居るとは思えなかったから、強烈な経験だったよ」という言葉から、XXXTentacionは自身がJ.Coleを目標としているということを彼に訴えかけていたことが分かる。その際のXXXTentacionの様子についてJ. Coleは、「俺は前に精神的に問題のある人々と多く関わって来たから、XXXTentacionがとても情熱的で賢い奴だってことが分かった。でも、同時に彼が心の深い部分にまで行ってしまっていることも分かったんだ」と、感心すると同時にかなり危うい印象を受けたと話した。

J. Coleは先日Mac Millerが亡くなった際「気分が良くなかったり問題を抱えているアーティストは、周りの人に言い辛いのならば俺に相談してくれ」と、辛くなったら自身を頼るように呼びかけているが、この呼びかけにはXXXTentacionとの会話の影響もあるのだろうか?

アルバム『KOD』ではドラッグに溺れる若いアーティストたちを批判していたが、シーンにおける頼れる先輩といったJ. ColeのキャラクターにXXXTentacionも惹かれたのだろう。インタビューの全文はこちらから読むことが出来る。

related

Kendrcik LamarとJ. Coleのコラボプロジェクトの噂をTDEのトップが否定

長い間リリースの噂が囁かれ続けているKendrick LamarとJ.Coleのジョイントプロジェクト。たびたび実現を仄めかすような情報が内部から出てくることでファンの間でも期待が広がっていたが、そんな二人のコラボアルバムについてKendrick Lamarの所属レーベルTDEのボスが明確に否定を行っている。

故XXXTentacionの殺害現場となった車が展示されていることが大きな批判を浴びる

昨年6月に銃撃によって命を落としたXXXTentacion。その死から一年以上が経過した現在でも多くのファンに愛され、先日は最後のニューアルバム『Bad Vibes Forever』が発売された。そんな中、フロリダで現在行われている一つの展示が問題となっている。

DJ PremierがLil Uzi Vertが“Mass Appeal”のビートでのフリースタイルを拒否したことについて語る

DJ Premierと故Guruによる伝説的ヒップホップデュオGang Starr。先日、突如として約16年ぶりとなるニューアルバム『One of the Best Yet』をリリースし、各所で話題を呼んでいる中、DJ PremierがGeniusの『For The Record』に登場。リードシングル“Family and Loyalty”の制作などについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。