Young Thugが「Lil Wayneの『Tha Carter V』はLil BabyとGunnaの『Drip Harder』よりもハードにならない」と語る

本日リリースされたLil Wayneによる「Carter」シリーズの最新作『Tha Carter V』。未だシーンへの絶大な影響力を誇るLil Wayneの新作とあって同作は大きな注目を集めており、Kendrick Lamar、Travis Scott、Nicki Minaj、XXXTentacionからSnoop Doggにまで及ぶ豪華なゲストをフィーチャーしていることも話題だ。しかし、そんなLil Wayneの大ファンを名乗るYoung Thugが『Tha Carter V』に物申している。

Young Thugは昨日、自身のInstagramのストーリーに「俺はLil Wayneの大ファンだけど、Lil Babyと Gunnaの『Drip Harder』よりもハードにはならない」と、『Tha Carter V』とLil Baby & Gunnaによるアップカミングなミックステープ『Drip Harder』を比較するようなメッセージを投稿した。

Lil Wayneから非常に大きい影響を受けたYoung Thugだけあってこのメッセージも敵意のあるものではなく、ヒップホップシーンの中の競争という部分が出たということだろうか。DJ Akademiksがメッセージをリークした投稿のコメント欄では『Tha Carter V』のレビューや、どちらのアルバムがより優れたものになるかどうかなどの議論が交わされている。

『Tha Carter V』は全体的にボーカルをフィーチャーしたエモーショナルなトーンの作品に仕上がっている印象だが、果たして『Drip Harder』はその名の通りハードな作品になっているのだろうか?

related

Lil Wayneが「最近一晩で53曲作った」と明かす

ラッパーはしばしば持ち曲の数について過剰な数字を言い、自身の技術やクリエイティビティの高さをアピールすることがある。そんな中、先月リリースされたアルバム『Funeral』も好調なレジェンドLil Wayneが他との格の違いを見せつけている。

Lil Wayneの新作『Funeral』とニューオーリンズバウンスの関係を解説する記事がGeniusより公開

先週金曜日にリリースされたLil Wayneの待望の新作『Funeral』。Big SeanとLil Babyをフィーチャーした“I Do It”を始め既にかなりのヒットを見せている同作だが、その収録曲にサンプリングされている楽曲の解説記事がGeniusから公開されている。

21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。