今年のヒップホップ界の長者番付トップ20をForbesが発表|年間収入1位はJAY-Zで約85億円

Forbesが今年のヒップホップ界の長者番付ランキングトップ20を発表した。これまで1位を維持していたDiddyを退け、JAY-Zが初の首位。今年最も稼いだヒップホップアーティストとなった。

アーティストの年間収入を元に、ヒップホップ界で今年最も稼いだ20人のアーティストが発表された。トップとなったJAY-Zはこの12ヶ月間での収入が7650万ドル(約85億円)。昨年双子の父親となったJAY-Zは、妻であるビヨンセと共にForbesが今年のヒップホップ界の長者番付ランキングトップ20を発表した。これまで1位を維持していたディディを退け、JAY-Zが初の首位。今年最も稼いだヒップホップアーティストとなった。ジョイントアルバム『Everything is Love』を今年リリースし、スタジアムツアーも行っていた。出資している複数のアルコールブランドや、自身の持つレーベル『Roc Nation』、配信サービス『Tidal』も収入につながっている。

3年ぶりに首位から転落したDiddyは6400万ドル(約71億円)。高級テキーラ『DeLeón』やウォッカ・ブランド『Ciroc』が貢献。それに続いてKendrick Lamarが自身のキャリア上、最高額の5800万ドル(約64億円)で3位。ソロツアーやTDEの『The Championship Tour』のヘッドライナーを務め、数々のアリーナを埋めた。NikeやAmeican Expressとも契約中。

他にもランキングにはビッグネームが並んでいる。4位が数々のストリーミング世界記録を打ち立てたDrakeで4700万ドル。ストリーミングでは活躍したものの、ツアーのペースを落としたため、2位から4位まで落ちた。ニューアルバムをリリースしたJ.Coleが3550万ドルで5位、続くDr.DreとNasが3500万ドルで6位タイ。Nasは長者番付ランキング初登場となった。『Ring』という玄関のバーチャル呼び鈴を開発する会社に出資しており、それがAmazonに買収されたのが功を奏したようだ。

8位がPitbull、9位がFutureで、10位がKanye West。長者番付トップ10人の今年の収入の合計は4億 550万ドル(約450億円)となった。他の音楽ジャンルを見てみると、カントリーアーティストの年間収入トップ10人の収入合計が3億450万ドル。EDMのアーティストトップ10人の収入合計が2億6000万ドルなので、圧倒的にヒップホップが消費された年だったことがわかる。

トップ20のランキングにはTravis ScottやLil Uzi Vertが初登場。他にもMigos、Eminem、Chance the Rapperなどもランクイン。Swizz Beatz、Meek Mill、Russの3人が全員1700万ドルで20位タイだったりと、激戦ランキングとなった。

related

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。