Queens of the Stone AgeのJosh Hommeが共同監督を務めIggy Popとのコラボを綴った映画『アメリカン・ヴァルハラ』の予告編

21世紀の重要バンドQueens of the Stone Ageの中心人物Josh Hommeが共同監督を務め、Iggy Popとのコラボレーションを綴った映画『アメリカン・ヴァルハラ』の予告編が公開となった。

2016年にリリースされた『Post Pop Depression』は、現在のところIggy Pop最後のアルバムと噂されている。同作はIggyが自費でレコーディングを計画し、自らJosh Hommeにプロデュースを打診したところから始まった。そしてリリースされたアルバムはIggy名義の作品で最大級のヒットとなり、アルバムに伴うツアーは全公演ソールドアウトとり大成功となった。

AV_SUB4

『アメリカン・ヴァルハラ』はコラボの始まりから初のデモ音源レコーディング、アルバムのリリース、そしてロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでのライヴまでを追ったドキュメンタリー映画となっている。

AV_SUB3

AV_SUB2

Josh Homme自身もIggy Popによる映画『レポマン』のサントラを毎日爆音で聴き、それがきっかけでギターを手に取ったという経緯もあり、自然にスタートしたこのコラボ。最終的にQueens of the Stone AgeのメンバーやArctic MonkeysのドラマーMatt Heldersの4人で外部とは完全に遮断されたモハベ砂漠のど真ん中で、一切関係者にも知られることなく作曲、レコーディング作業を行った様子が映画には映し出されている。

AV_SUB1

日本版の予告編が映画のオフィシャルサイトで公開された。

【公式サイト】http://americanvalhalla.jp

映画『アメリカン・ヴァルハラ』は4/14 (土) より、新宿シネマカリテにてロードショー、シネマート心斎橋、名古屋シネマテークほか全国順次公開される。

Info

american val_KEY

『アメリカン・ヴァルハラ』

【公式サイト】http://americanvalhalla.jp

4月14日 (土) より、新宿シネマカリテにてロードショー
シネマート心斎橋、名古屋シネマテークほか全国順次公開

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。