Eminemの新曲には「マンブルラップ」への苛立ちが影響しているとRick Rubinが明かす

Eminemが昨日Beyoncéをフィーチャーしたニューシングル"Walk on Water"をリリースした。この楽曲についてEminemがプロデューサーのRick RubinとジャーナリストのMalcolm Gladwellがホストを務めるPodcastで語っている。

Eminemがこの新曲を作ったことの動機として、Rick Rubinはいわゆるマンブルラップと呼ばれるフロウでラップする新世代への苛立ちがあったと明かす。Eminemにとってはマンブルラップは「カルチャーショックで、それは彼とは全く断絶した新世代のヒップホップだったから」とRubinは明かし、EminemがマンブルラップについてRubinに語った際、「イラついているように見えた」と話している。

Eminemは新曲について「致命的な曲だ」と話し、「スーパーマンではないから、おれがこれまで毎回書いてきたような最高のものができなかったとしたら」という思いで書いた曲だと話している。

ラップゴッドと呼ばれてきたEminemだが新曲では「おれは水の上を歩いている。でもおれは神ではない。おれは水の上を歩く、凍っているときだけ」と自身が神ではなく1人のラッパーとしてもがいている様を表現している。

related

Tyler, The CreatorがEminemからのディスを気にしていないと語る

昨年リリースされたEminemの最新アルバム『Kamikaze』。多くの若手ラッパーへのディスを盛り込んだ同作は大きな波紋を呼び、話題となった。そんな中、彼にディスされたラッパーの1人であるTyler,The CreatorがEminemのディスは気にしていないと語っている。

2PacやEminem、50 Centなどのマスターレコードが2008年の火災により焼失していたことが判明

今から11年前の2008年6月、アメリカはカリフォルニア州ロサンゼルス北部にあるUniversal Studios Hollywoodで大規模な火災が起こった。『Back to the Future』や『宇宙戦争』などで使われたセットをはじめ、ビデオテープや映画フィルムを収蔵する倉庫1棟が全焼するなどの被害に見舞われたUniversal Studios Hollywoodだが、実はこの火災により、多くの著名アーティストのマスターレコードが焼失していたことが明らかになった。

伝説的なプロデューサーRick Rubinの制作プロセスにフォーカスしたドキュメンタリーが今年公開予定

伝説の音楽プロデューサーRick Rubinのドキュメンタリー番組が、アメリカのテレビ局『Showtime』で今年下旬に公開予定だそうだ。監督はオスカー賞やエミー賞などをはじめとした数々の賞を受賞しているMorgan Nevilleが務める。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。