Eminemの新曲には「マンブルラップ」への苛立ちが影響しているとRick Rubinが明かす

Eminemが昨日Beyoncéをフィーチャーしたニューシングル"Walk on Water"をリリースした。この楽曲についてEminemがプロデューサーのRick RubinとジャーナリストのMalcolm Gladwellがホストを務めるPodcastで語っている。

Eminemがこの新曲を作ったことの動機として、Rick Rubinはいわゆるマンブルラップと呼ばれるフロウでラップする新世代への苛立ちがあったと明かす。Eminemにとってはマンブルラップは「カルチャーショックで、それは彼とは全く断絶した新世代のヒップホップだったから」とRubinは明かし、EminemがマンブルラップについてRubinに語った際、「イラついているように見えた」と話している。

Eminemは新曲について「致命的な曲だ」と話し、「スーパーマンではないから、おれがこれまで毎回書いてきたような最高のものができなかったとしたら」という思いで書いた曲だと話している。

ラップゴッドと呼ばれてきたEminemだが新曲では「おれは水の上を歩いている。でもおれは神ではない。おれは水の上を歩く、凍っているときだけ」と自身が神ではなく1人のラッパーとしてもがいている様を表現している。

related

RZAがクレジットカードを止められた訴訟相手をホテルに泊めてあげた経験を明かす

ここ最近は自身の愛するカンフー映画や格闘技を配信するプラットフォームを設立するなど、新たな試みを精力的に行なっているWu-Tang ClanのRZA。そんな彼が、Wu-Tang Clanと同じくレジェンドであるプロデューサーRick Rubinに対しWu-Tangの他のメンバーとの現在の関係について語っている。

Kanye WestがかつてEminemのドラムキットを盗もうとしたことを明かす

2000年代初期から中期にかけて、ラッパーとしてだけでなくプロデューサーとしても高い評価を受け注目されていたEminem。同じ時期に新進気鋭のプロデューサーとしてキャリアをスタートしたKanye Westが、そんな彼とのエピソードを語っている2004年のインタビュー記事が話題となっている。

Lil WayneとEminemが過去に同じ韻を踏んでいないかチェックするために自身のリリックをググると明かす

それぞれ全く違うスタイルながら、共に長くラップシーンの頂点に立ち続けているLil WayneとEminem。共に高度なライミングを得意とし数多くの楽曲を発表している彼らが、新曲のリリックを書く際の苦労について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。