マリファナ完全合法のコロラド州で動物や果物の形をしたものだけが禁止に

2014年1月にマリファナが完全に合法化されたコロラド州であるが、規制についても先進的な試みが見られる。マリファナが合法とされる地域では、食用のマリファナ産業が盛り上がるようで、様々な種類、形、テクスチャの食用マリファナが流通している。

しかしながら、問題も生じている。ブラウニー、ベアーグミ、ゼリービーンズなど、その形が分かりやすくなればなるほど、誰かが誤ってそれを食べて思いがけずハイになってしまう危険性が高くなってしまうのだ。これは、ベアーグミの形をしたマリファナにたまたま出くわしてしまう子供たちのことを考えると大きな問題である。これに対処するために、コロラド州は動物や人間、そして果物の形をした食用マリファナの生産を禁止する法律を今月制定した。

「10月1日から、人間、動物、または果物の形をした食用マリファナに関わる製品を厳格に禁止する。現実的または架空的な人間、動物、そして果物を想起させるものや、芸術的、戯画的、漫画風にそれらを描いたものについてもここに含まれる。」という新たな法律がコロラド州税務局によって Estes Park Trail-Gazetteより先週掲載された。

ちなみに、TGC(マリファナの有効成分)の偶発的摂取のリスク軽減のためにマリファナ製造業社向けの規制が設けられたのは今回が初めてではない。2015年にはコロラド州でマリファナ製品のパッケージに関する法が定められ、特別な警告(「THC !」と書かれたダイアモンド印)を表記することが義務付けられた。また昨年は新たな法によって、全ての食用マリファナはTHCを10ミリグラム以上含まない断片でなければならず、さらに100ミリグラムというパッケージ毎の上限も定められた。子供たちに誤ってマリファナが届いてしまうことを防ぐためにこれらの法整備が重ねられてきている。

THC! diamond

今回の新たな法について、コロラド州税務局長のMike Hartmanは「これは、未成年者のもとにマリファナが届くことを防ぎ、消費者たちの意識を高めることで、州の公衆衛生を最大化させるための重要なステップである。」と語っている。

(辻本秀太郎)

related

ニューヨークでマリファナの娯楽目的での使用が合法化へ|州知事と州議会が合意

世界的にマリファナの解禁が進められつつある昨今。特にアメリカでは多くの州がマリファナの非犯罪化、合法化に踏み切っているが、そんな中、ついにニューヨーク州でマリファナの娯楽目的での使用と販売が合法化されることが決まった。

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

薬物取り締まり強化と大麻使用罪の創設に反対する署名がスタート

アメリカを始めとする世界各国で大麻の所持や使用の非犯罪化、合法化が進められる昨今。ここ日本では依然として大麻の所持が違法となっているが、現行の大麻取締法では大麻の「使用」自体は禁じられていなかった。そんな中、厚生労働省が今月大麻規制のあり方を見直す有識者会議を設置し、大麻の使用に罰則を設けることを検討していることが報じられた。今回、大麻使用罪の創設、及び薬物取締りの強化に反対する署名がスタートしている。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。