3大メジャーレーベルは1日約15億円をストリーミング収入で得ていることが判明

音楽ビジネスサイトMusic Allyが、Universal、Sony、Warnerの3大メジャーレーベルの2017年第二四半期の決算書を調査した結果、3つのメジャーレーベルは毎日15億円をストリーミング収入で得ていることがわかった

ストリーミング収入の成長の伸びが最も大きかったのはWarnerで、僅差の2番手はUniversalで、伸びは2番手だが現在ストリーミングで最も収益を得ているのはUniversalということもわかった。

最もストリーミングで収益をあげているUniversalは、第二四半期で約630億円の売り上げとなっている。ちなみに2016年の同時期は約439億円となっており、約200億円程度売り上げが増加している。

Warnerは今年の第二四半期は約389億円をストリーミング収入で得ているが、昨年の同時期は245億円となっており、Universalよりもストリーミング収入の伸び率は高い。

Sonyはストリーミングの総計ではWarnerを上回っているものの、伸び率では3番手となっており、両者の勢いに遅れをとっている。

RELATED

アメリカでレコードの売上がフィジカル音源売上の3分の1を占める

近年のレコードブームの再来により、2017年にはアメリカでのレコードの総売上枚数が1991年以来最高を記録した。そして、昨年もその勢いは続いているようだ。

DJ Jazzy Jeffが「ストリーミング配信はレーベルが得をするだけ」と語る

ストリーミングサービスで音楽を聴くことが当たり前になった今日この頃。今や楽曲をストリーミング配信することに疑問を抱かないアーティストも多いが、古くから活動してきた者にとってはそうもいかないらしい。

A Boogie Wit Da Hoodieのアルバム『HOODIE SZN』が僅か823ダウンロードにも関わらず全米チャート1位に輝く

音楽を聴く手段としてストリーミングサービスを利用することが一般的になって久しい。iTunes等で楽曲を購入しダウンロードする人も少なくなって来た今日この頃だが、いよいよ音楽ダウンロード時代の終わりを予感させるニュースが飛び込んで来た。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。