トム・クルーズがホワイトハウス、CIA、麻薬王をはめた実在の人物を演じる『バリー・シール/アメリカをはめた男』の予告編が公開

トランス・ワールド航空社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘ミッションのパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=バリー・シールの生涯を描く映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』の予告編が公開された。

映画でバリー・シールを演じるのは、本作の制作を熱望したトム・クルーズ。
解禁された予告編では、トムの代表作『トップガン』を彷彿とさせる
パイロットサングラスをかけて飛行機を操縦する敏腕パイロットのバリーがCIAから勧誘を受け、“天才的な麻薬の運び屋”へと変貌を遂げていく過程が描かれている。
やがて麻薬王とも繋がり、家族を全く顧みず悪の限りを尽くして運び屋ライフへ堕ちていくバリーはどうなっていくのだろうか。

Info

movie

『バリー・シール/アメリカをはめた男』

■監督:ダグ・リーマン 『ボーン・アイデンティティー』、『Mr.&Mrs.スミス』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
■キャスト:トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライトほか
■全米公開:9月29日 [予定]
■原題:BARRY SEAL
■配給:東宝東和
■コピーライト:© Universal Pictures
■公式サイト:http://barry-seal.jp/
■公式Facebook:http://www.facebook.com/BarrySeal.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/BarrySealJP

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。