タランティーノ監督がチャールズ・マンソンをテーマにした新作を準備中

後2作品で引退すると明言している映画監督のクエンティン・タランティーノ。その貴重な2作品のうちの1作が、1960年代末から1970年代にかけてアメリカを騒がせたカルト指導者で、現在は殺人罪などで終身刑に服しているチャールズ・マンソンをテーマにした作品ということをHollywood Reporterが伝えている

映画のタイトルは未定だが、脚本もタランティーノが執筆し、盟友のワインスタイン兄弟がプロデュースを行う。

配役についてもまだ分かっていないが情報筋は、ブラッド・ピットとジェニファー・ローレンスが主要な役回りでオファーをされているとのことだ。

同作のメインテーマの一つは、マンソンの狂信者によって殺害された女優のシャロン・テートを巡るものになるという。マンソンは60年代末に家出した少女を集め、ファミリーと称し集団生活を開始、信者となった人々に殺人を実行させていた。アメリカのサブカルチャーに与えた影響も大きくバンド、マリリン・マンソンは悪のシンボルとしてマンソンの名を用いている。

順調に制作が進めば、2018年夏に撮影がされる予定。

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。