Snoop DoggがJAY-Zのニューアルバムを違法ダウンロードしたと話す

JAY-Zのニューアルバム『4:44』は、今週にはiTunesやSpotifyなどのぷらっとフォームでも配信されるとみられているが、いま現在はTidalのみで配信中のため日本では聴くことができない。

ただTidalがあるアメリカですらも、Tidalを使わない人は数多くいる。Snoop Doggもその一人のようだ。

Snoopは普段iTunesしか使わないようで、JAY-Zのアルバムリリースを祝いつつも「『4:44』がiTunesになかったから、仲間にデータを送ってもらった」と違法ダウンロードしたことを認めている。Snoopは重ねて「JAY-Zにシャウトを送るぜ、おれはヘイターじゃない、おれは若いやつも年寄りでも価値のあるやつは好きだ」

アメリカ人にもあまり知られていないJAY-ZのサービスTidal。Kanye Westへの支払いが滞ってしまうのも仕方ないかもしれない。

RELATED

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

Snoop Doggが出演映画のプレミア上映会に出席 | 楽屋がマリファナの匂いで充満し映画館が抗議

香水を付けた人とエレベーターで同乗し、その人が降りた後でもエレベーター内に香水が充満している、といった事は多くの人が経験した事があるかもしれない。しかし、マリファナの残り香が充満している、という状況を経験した事がある人はどのくらいいるだろうか?

Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25個の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。