Travis Scottのヒットチューン"Antidote"は売り上げの半分がサンプリングライセンス費用になっていた

Travis Scottが2015年にリリースしたアルバム『Rodeo』に収録され、大ヒットしたシングル"Antidote"。このシングルのサンプル使用料に売り上げの半分を支払っていたことが共同プロデューサーのEestboundのBeat Starsのインタビューでわかった。

Beat Starsのインタビューによると、"Antidote"のサンプリングソースであるLee Fields&The Expressions.の"All I Need"を使用する際、Travisは作曲印税の半分をLee Fields&The Expressions.に渡していたという。

トロントを拠点とするプロデューサーEestboundは、"Antidote"がリリースされた当時の状況を振り返る。

Eestboundは開口一番に「変なやり方だった」と説明する。「Travisが"Antidote"をサウンドクラウドにリリースした時、俺たちは何の契約も交わしていなかったし、何も知らされていなかった。そして、リリースされた後、それが問題になったんだ」と不満をこぼす。さらに、「サンプルのアーティストがTravisに楽曲の売り上げの50%を支払うよう言っていたが、Travisは最初にそれを明らかにしてなかったんだ。50%の支払いなんて良い方だよ。みんなは売り上げの75%とよく言ってる。Travisもそうすべきだった」と語った。ただ実際のところサンプリングライセンスは大抵売り上げの10~15%程度が多いのは付記しておきたい。

"Antidote"はリリース後、Billboard Hot 100で最高16位にチャートインし、3度のプラチナム認定される等Travisを代表する楽曲の1つとなった。ストリーミングが勃興する今、ラッパーの活躍とは裏腹に、ヒットソングの裏にはプロデューサーが問題や苦労を抱えることも少なくない。今回の件は、Travisだけでなく、ビートを作る人々にとって重要な事件となったといえる。(野口耕一)

related

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

Travis Scottが自身オリジナルのPlayStation用ゲームを制作する可能性

先日発売され、世界的に熱狂を持って迎えられたPlayStation5。そんな中、PlayStationとパートナーシップを結んだTravis Scottが、自身オリジナルのゲームを制作する可能性が浮上している。

Travis Scottとマクドナルドのコラボアクションフィギュアが約570万円で転売される

欲しかったアイテムが売り切れてしまい、プレミア価格がついたことで購入を諦めた経験がある方は多いだろう。今回、以前Travis Scottがマクドナルドとコラボした際に作られたアイテムが、とんでもない価格で転売されていることが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。