40年分のヒップホップのヒットチューン150曲以上を、4分間にまとめたムービー『40 YEARS OF HIP HOP』

70年代からスタートし、40年以上の歴史を持つヒップホップカルチャー。時代と共にサウンドやファッションも移り変わっているが、その言葉自体は受け継がれ続けている。

これまでも多くのマッシュアップやリミックスでリスナーを楽しませてきたユニットThe Hood Internetが、ヒップホップカルチャー40年の歴史が生んだヒットチューン150曲以上を、4分にまとめた動画をアップした。

『40 YEARS OF HIP HOP』と題されたこのムービーは、Grandmaster Flash & The Furious Five、2 Pac、Eminem、Three 6 Mafia、Chance The Rapperなど時代も地域もバラバラな100組以上のアーティストのヒット曲を、スムースにメガミックスしたムービーである。

全く時代の違う楽曲たちが、ナチュラルにミックスされるように聴こえるのは、さすがマッシュアップ職人としてならしたThe Hood Internetだからこそだといえる。

あなたは4分間でプレイされる150曲のうちどれくらいがわかるだろうか?もちろんプレイされていない名曲も膨大にあるが、うるさいことは言わずに一度見て欲しい。

 

RELATED

ヒップホップとキリスト教の歴史にフォーカスした異色の書籍『ヒップホップ・レザレクション』が今週刊行

日本基督教団阿倍野教会牧師でありヒップホップの現場を知り尽くした神学者の山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』が、7/25(木)に刊行される。

EMPIRE編集長が現在のヒップホップ人気に対して懐疑的な姿勢を示す

先日開催されたSXSWにて「カルチャーに爆発を起こしたヒップホップの流行」という議題で、EMPIREのCEOであり設立者のGhazi Shami氏が語った。

インドの名門ムンバイ大学でラッパーになるための講義が設置か

ヒップホップが世界のチャートを席巻するようになったここ数年。ハーバード大学でラップアルバムが卒業論文として提出されるなど学術研究のテーマとしてもヒップホップは注目を集めているが、インドでもその波が広がっているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。