Travis Scottが逮捕された時の自分のマグショットTシャツを48時間限定販売

Travis Scottが新作Tシャツを自身のオンラインストアで48時間限定で販売している。

Travis Scott

Travis Scott

前面には先日ライブで暴動を煽ったとして逮捕された時の自身のマグショット(逮捕された際に撮る証明写真)、背面にはFREE THE RAGEという今回のキャッチコピーがプリントされたデザイン。値段は$45。Travis Scottの公式サイトからオンラインで購入可能であり、48時間のみの限定販売となっているので気になっている人は手遅れになる前に購入しておくことを勧める。

Travis Scottは今週新曲を3曲リリースし、さらに「ライブで同じ曲を連続で披露した回数」の世界記録(?)を塗り替えたりなどと話題が多く大忙しな1週間であった。(小林一真)

related

Travis Scottが映像プロダクションA24と契約|映像作品『Utopia』を発表か

Travis Scottが、映画『ムーンライト』や『ミッドサマー』、ドラマ『ユーフォリア』をはじめ数々の作品を発表してきたプロダクションA24と契約したことが明らかになり話題を呼んでいる。

Travis ScottとDIORのコラボレーションコレクションが発表

DIORがサマー 2022メンズ コレクションで、Trvais Scottとのコラボレーションを行うと発表した。

Travis Scottプロデュースのアルコール飲料「Cacti」の詳細が明らかに

今年の9月、オリジナルのアルコール飲料「Cacti」を発売予定であることが報じられたTravis Scott。今回、そんな「Cacti」の詳細が発表され話題を呼んでいる。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。