Travis Scottがライブ中に暴動を煽ったとして逮捕される

Travis Scottのライブが物凄い盛り上がりをみせるのは、以前もお伝えした通り、NYでのライブでは、観客が3Fからダイブした結果両足を骨折してしまった

ライブ後にTravisは声明を発表、今後はこのような事態は起こさないとしていたが、予想外の出来事が起こってしまった。

一昨日アーカンソーであったライブで、なんとTravisがライブで暴動を煽ったとして、終了後に逮捕されてしまったのだ。

 

上記の映像が当日のライブの模様。確かに熱狂的ではあるが、Travisのライブとしては平常運転といったところではないだろうか。Travisは児童福祉に反し、危険にさらしたという容疑で逮捕されたが、直後に釈放されている。Travisのファンページによれば会場スタッフが観客に怪我をさせられたとの情報も入っている。

ライブの盛り上がりと共に、今後もこのような事態が起こるとツアー自体の開催のリスクも大きくなってしまう可能性もあるが、このような熱狂的な盛り上がりはアーティストにとっては勲章でもあるのは間違いないだろう。どうやって安全とライブの成功を両立させるのかが、課題となってくるだろう。

RELATED

Three 6 MafiaのDJ Paulが自身のフレーズを不正利用されたとしてTravis Scottを訴える

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scott『Astroworld』。同作に収録された楽曲“NO BYSTANDERS”が原因で、トラブルが発生しているようだ。

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Travis Scottの“Sicko Mode”が初登場から32週間連続全米シングルチャートトップ10に残り続け新記録を樹立

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。中でもDrakeをフィーチャーした“Sicko Mode”はかなりの人気曲となり、昨年の12月に全米シングルチャートで1位を獲得。そんな“Sicko Mode”が、チャートトップ10に入ってから32週間が経過した現在もトップ10に残り続ける記録を打ち立てた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。