【フォトレポート】tofubeats, tomad, DJ WILDPARTY, okadada, KEITA SANOが出演したLOST DECADE 10

tofubeats、okadada、DJ WILDPARTY、tomadがレジデントを務めるパーティー『LOST DECADE』が5/12に代官山UNITで開催された。今回初めてゲストにハウス新世代アーティストKEITA SANOを迎え、節目の10回目。

イベントはオープンから大盛況。ワールドツアー帰りの大注目ハウスプロデューサーKEITA SANOもロスディケファンたちを完璧にロック。

イベント前に行われた座談会も合わせてチェック!

tomad
_DSC5574

_DSC5640

_DSC5642

_DSC5708

KEITA SANOにあと一曲と打ち合わせるtomad。この後KEITA SANOに交代するまで、2曲くらい掛けていた。

_DSC5739

_DSC5740

_DSC5734

アーカイブ用にカメラを入念にチェックするtofubeats
_DSC5651

DSC5753

DSC5759

DSC5762

DSC5764

DSC5771

DSC5773

母親が来場していたtomadも出番を終えてテンションが高まる

DSC5810

DSC5811

DSC5813

DSC5856

DSC5872

DSC5886

DSC5899

DSC5907

DSC5918

tofubeats

DSC5959

DSC5967

DSC5981

DSC6017

DSC6045

DSC6086

DSC6123

tofubeatsは新曲"What You Got"をドロップしフロア大合唱!

DSC6134

DSC6151

DSC6160

okadada

DSC6172

_DSC6187

_DSC6246

_DSC6266

_DSC6274

_DSC6292

_DSC6298

_DSC6301

_DSC6319

DJ WILDPARTY
_DSC6360

_DSC6364

_DSC6389

_DSC6397

_DSC6425

_DSC6434

_DSC6455

_DSC6458

_DSC6463

イベント後tomadは「今後3年はロスディケをやっていく」と発表している。

related

【フォトレポート】『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫を舞台に開催された『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』。日本最大級のアーバンスポーツの祭典と銘打たれ、日本人選手の活躍で一躍人気となったスケートボードやBMX、今新たに注目されているブレイキンやパルクールなど、全6種目の世界的プレーヤーたちが一堂に会したこのイベント。

tofubeats Interviewed by in the blue shirt | 『REFLECTION』をめぐる雑談

tofubeatsが今月リリースした4枚目のアルバム『REFLECTION』は、これまでハイペースでアルバムをリリースしてきたtofubeatsだが、前作『RUN』から4年のスパンをかけて制作された。同時発売された初の書籍『トーフビーツの難聴日記』で明かされたように、今作は突発性難聴を発症したことをきっかけに鏡というテーマが導き出され、制作が進んでいった。

赤レンガ倉庫で入場無料で開催される『YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022』にどんぐりず、doooo、FNCY、JJJ、 KM、Lil’Leise But Gold、MONJU、SPARTA、STUTS、tofubeatsなどが出演

6/4(土)、6/5(日)に横浜赤レンガ倉庫にて入場無料で開催される日本最大級のアーバンスポーツの祭典「YOKOHAMA URBAN SPORTS FESTIVAL 2022」のミュージックライブの全アーティストが解禁となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。