謎のトラックメイカー DJ PCDJ 100日連続リリース記念インタビュー

昨年11月1日から毎日1曲、bandcampでリリースを続けるプロデュサーDJ PCDJ。Juke/FootworkシーンのDJ、トラックメーカーは毎日リリースされる音源のクオリティと、その1万円ほどで販売される楽曲の値段に驚き、その連続リリースがどこまで続くのかを固唾を呑んで見守っていた。

そして昨日ついに100日連続リリース、すなわち100トラック目を109ユーロ(ジューク?)で発表ししたDJ PCDJは、100曲をコンパイルし、限定フーディー付きで99ユーロで販売している。ちなみに曲だけでも9801ユーロ(100万円ほど)お得という計算になるそうだ。

NewImage

しかしその一方で、DJ PCDJがアノニマスに活動を開始してからというもの「DJ PCDJは誰なのか?」という勘ぐりがシーンで発生。多くの人から「お前ではないのか?」と疑われていたv.o.cクルーのbamuletがインタビューを行った。ちなみにFNMNL編集部はbamuletがDJ PCDJでないという確証を未だに得ていない。

取材コーディネート: E.L.I (Goodweather), Ascalypso
インタビュー: bamulet

---
初めてあなたのbandcampページを見た時、まずアーティストロゴをちゃんと作っていることに驚きました。あのロゴはあなたがデザインしたのですか?

DJ PCDJ - 私たちはDJ PCDJというプロジェクトでまずはアーティストとしてのロゴを作るところから始めました。DJ PCDJというアーティストは、アートワーク担当、トラックメイク担当、宣伝や方向性を考える担当などがWEB上で集まった集団です。そのなかで話し合いながら、最終的に残った案が、現在皆さんが目にしているロゴになります。ちなみにバンドキャンプやツイッターのヘッダー画像はツイッターフォロワーの方が作ってくれたものを使用しています。

When I saw your bandcamp page first time, it was a nice surprise to see that you had already made "DJ PCDJ" logo on your bandcamp page. Was it you who designed that logo?

DJ PCDJ - Making official logo was our first creation as a project as "DJ PCDJ". We have an artwork designer, trackmakers and promotion directors in our project. But our header image on our bandcamp page and twitter account were made by a follower on twitter.

あなたがJuke/Footworkのトラックを最初に作ったのはいつですか?また影響を受けたアーティストはいますか?

DJ PCDJ - 昔からJuke/Footworkの曲を作っていたわけではありません。きっかけはHYPER DUBがDJ RASHADをリリースしたりした辺りだったと記憶しています。そこからTEKLIFE関連の音源を遡り聴いていくなかで日本のJuke/Footworkシーンのアーティストも聴いていったという流れです。

When did you start making Juke/Footwork track? Is there any artist you got influenced?

DJ PCDJ - It's not so long ago when we got into Juke/Footwork. I think It was around the time when DJ Rashad released his tracks from HYPER DUB. Then I started to listen to beats by TEKLIFE artists in Chicago, and then eventually reached some Japanese Juke/Footwork beatmakers as well.

SoundCloudでmini mixを公開していましたが、あなた自身クラブでDJをすることはありますか?

DJ PCDJ - 私達はDJもすることがありますが、それが基本的な活動ではありません。

You had released a mini DJ mix on SoundCloud, but can we see you playing in the clubs?

DJ PCDJ - We sometimes do DJ in clubs, but it's not our main activity.

DJ PCDJとしての活動を始めたきっかけがあれば教えて下さい

DJ PCDJ - きっかけは、楽曲リリース、特にネット上のリリースが日々消費されていくことに対する違和感、アティテュードのようなものをメンバー全員共通して持っていたというのが始まりです。日々、膨大な楽曲がただただリリースされ、安価に消費されていくことに疑問符を投げかけるアートとしてはじめてたら面白いよねという話から、毎日リリースしていくやつがいたら面白いよねとなり、結局100日連続リリースしたら面白いというところに落ち着きました。日々楽曲が消費されていくことを単独アーティストがシュミレートしていき、淡々と溜まって行く記録と楽曲を振り返る、という実験です。

What brought you to this project as DJ PCDJ?

DJ PCDJ - We all shared the feeling that there is something wrong with today's music scene where so many tracks on the internet are being consumed so quickly. Day by day uncountable tracks are being released and people barely pay money for that, and we wanted to do something against this situation. Then we came up with the idea to release a track everyday, ultimately 100days in the raw. This is our experience to simulate the quick consumption of today by ourselves and we want to look this experience back later on.

11/1から途切れることなくリリースが続いています。既に楽曲のストックがあったのでしょうか?それとも毎日トラックメイクされているのでしょうか?

DJ PCDJ - 最初の数曲はこういう曲でいこうというテスト的に作ったものがありましたが、それ以降は完全に毎日作りリリースしていくというスタイルでやっています。

You keep releasing tracks every day since November 1, 2016. Did you already have stocks before starting this project, or are you making beats every day?

DJ PCDJ - We had a few test tracks to establish our style at first, but after that, we keep making and releasing beats every day.

トラックの価格を€99で統一しているのはどういった意図でしょうか?一般にリリースされている他のアーティストの曲に比べて高額ですよね?

DJ PCDJ - 先述した、現状に対するパロディ、アートとしてのリリースとしての設定です。現在ネット上のどの楽曲もほぼ$1~$2程度で売られていますが、これが絵画やオブジェなどアートであれば数百倍の値段で売られていると思います。何故、楽曲はそうではないのか、という部分のパロディとして、100倍の値段で販売してみた、ということです。メンバーは全員HIPHOP文化がベースにあるので、サンプリングアートとして、搾取と突然変異の一例としてJuke/Footworkを捉えています。なので、現在進行形のエッジなサンプリングアートとして、Juke/Footworkを題材にこのプロジェクトを始めました。

Why do you set 99€ as price for each track? That's way higher compared to tracks by other artists.

DJ PCDJ - Like I said, that's price is to show our counterpart for today's music scene. Most of the tracks on the internet are being sold with $1~$2, but people would pay ×100 price when they but paintings or statues. To cast a question like "why not in music?", we set ×100 price. We all love HIPHOP culture and consider JUKE/FOOTWORK music as an example of ongoing exploitation and mutation of sampling art. That's why we had chosen Juke/Footwork as our main genre.

あなたのトラックはサンプリングをメインにしたものも多いですが、サンプリングネタとして好きなジャンルはありますか?

DJ PCDJ - サンプリングに関しては、自分たちの中に無い要素を使っていくと決めました。後にDJ PCDJのコンセプトにベッドルームレイブというものが出来たので、そのコンセプトに沿ったネタをトラックに仕上げる、という作業を日々行う毎日です。方向性が明確になってからは、何をネタに使うかに関しては、当初より楽になりました。

You often use samplings in your tracks. What's your favorite music genre as sampling source?

DJ PCDJ - We use samplings to get something we don't have. After we came up with our main concept "Bedroom Rave" for our project, we've been trying to use sampling sources that would match the concept and now it's easier to decide which source we should choose.

曲の展開や三連符の使い方の巧みさを見ても、あなたが最近トラックメイキングを始めた人とは思えません。DJ PCDJとしての活動以前にトラックをリリースしたことはありますか?

DJ PCDJ - 私達はそもそもアーティストなので、リリース作品は多いと思います。

Listening to your beats with cool transitions and triplet drum patterns, I don't think you are a beginner. Have you released any beats before you start DJ PCDJ?

DJ PCDJ - Yes. We have released many tracks since we have been musician even before starting this project.

「073F K R D」はゲットーハウス感のあるトラックですね。普段そういった音楽は聴きますか?

DJ PCDJ - DJ RASHADなどから遡りシカゴハウスを聴き衝撃を受けました。当然それ以降はゲットーハウスもフェイバリットの一つとして聴いています。

I feel that your track "073F K R D" has ghetto house-like vibes. Do you like listening to that kind of music?

DJ PCDJ - Yes, ghetto house is one of my favorite since I listened to Chicago house for the first time while I was listening to DJ Rashad and other similar beats from Chicago.

私と共にDJ PCDJ疑惑がかかったCRZKNYの曲は聴いたことがありますか?

Have you listened tracks by CRZKNY, who were doubted that he might be "DJ PCDJ"?

私と共にDJ PCDJ疑惑がかかったCRZKNYの曲は聴いたことがありますか?

DJ PCDJ - CRZKNYの楽曲は日本のJuke/Footworkシーンをチェックする中で当然注目していました。CRZKNYの他にもboogiemannやPICNIC WEMEN、UNcle Texx、トレッキートラックスなど、このジャンルでの自分たちのフェイバリットやエッジのアーティスト楽曲を参照、研究し、徐々にDJ PCDJというアーティストに肉付けしていきました。TEKLIFE関連も当然ながら参照しました。他にはSAUCEMANからメッセージを貰ったこともあります。しかしなんといっても一番の驚きはこのインタビューをbamuletが送ってきたことですね(笑)

Have you listened tracks by CRZKNY, who were doubted that he might be "DJ PCDJ"?

DJ PCDJ - Yeah I had a chance to listen to his tracks when I got into Japanese Juke/Footwork. I also listened to tracks by my favorite artists like boogieman, PICNIC WOMEN, UNcle Texx and Trekkie Trax and got some inspiration and hints to create the vision as "DJ PCDJ". Of course I got inspired by TEKLIFE artists. I once got a message from SAUCEMAN as well. But the biggest surprise was that bamulet sent me this interview lol.

1曲ごとに増えているアートワークのナイフも100曲で一杯になりそうです。その後のプランはありますか?

DJ PCDJ - このインタビューが出るのは100曲揃った以降だと聞いているので、現在バンドキャンプ上では100曲入り€99でアルバムがリリースされていると思います。DJ PCDJのコンセプトの一つとして高い価格設定がありますが、1曲€99だったものを、100曲でも€99でリリースすることは、幾分シニカルに、音楽を売るという行為をアートとして表現する試みでもあります。あと単純に私たちの楽曲は良い曲が多いので、買って損はしないでしょう。あとは、このインタビューを引き受けてくれたERIが協力を申し出てくれたので、限定版として、オリジナルパーカー+100曲データが販売されていると思います。

You add a knife on your art work every time you release a track it seems it will get full when you release your 100th track. Do you have any plan for the future?

DJ PCDJ - We were told that this interview will be published after we release our 100th track. So by the time this interview is available the set of all 100 tracks will be available on bandcamp with €99. Setting high price is part of the project and this is a challenge to express to sell music as our art cynically. And our tracks are simply so good, so you wouldn’t be disappointed. Since Eri, who arranged this interview offered me her support, limited edition with original hoodie with 100 tracks will also be available.

今後、他のアーティストとのコラボレーションやリミックスに興味はありますか?

DJ PCDJ - 多くの国のトラックメイカーやレーベルから、まず価格設定について「お前は一体何がしたいのか」というメッセージが届き、そこから交流が生まれているので、面白いと思える提案があればコラボレートしていければと話しています。ただ、普通にどこの誰が実はPCDJでしたというありきたりな展開は望んでいないので、これからもアノニマスな活動を続けていければいいなとは思っています。ありきたりな承認欲求はすでに各メンバーとも実生活で満たしているので、そういったことに興味はありません。

Are you interested in collaborating with other artists or making remixes?

DJ PCDJ - I had received so many messages from track makers and labels all over the world, asking "what the hell are you thinking with the price of your tracks?" and new communications occurs from those messages. We are willing to do collaboration with someone if there's any good idea, but not interested in coming out who actually we are. We will keep doing our project anonymously. We don't need to be famous since we all are already happy with our lives.

今年初頭にTwitterとSoundCloudで行われていたWARJUKEについてどう思われますか?

DJ PCDJ - 企画自体は良いことだと思っていますが、私たちが参加した時点では記載のなかったルール(フリーダウンロードにすること)が、曲をアップした後に付け加えられ、曲をやり直せと言われた事については、DJ PCDJの方向性とは違ったので辞退しました。その後、主催者がフレンドシップより金を選ぶのか、というディスをしてきた事に対しては、楽曲で抗議することにしました。WARにフレンドシップは必要ないと思っています。最初にセンドしてきたwat氏に対しては何も思うところはありません。彼が通常はテクノDJであるという情報から、あのチョイスでレスポンスを返したまでで、本来WARやビーフはこうあるべきだと思っている事をしたまでです。

How was your impression for WARJUKE, which held in the beginning of this year?

DJ PCDJ - I think that was pretty good project, but we had to quit that battle since a new rule (to publish tracks for free) was added after we joined in. We were told that we need to redo our tracks and we thought that was not what we wanted to do. The organizer complained that we chose money than friendship, but I showed my protest with our tracks. We don't need friendship for "WAR" in our opinion. I have no negative feeling for wat, who invited me in the war by sending his track. We showed how we feel the war or the beef should be.

DJ PCDJは一人ですか?それとも複数人のプロジェクトですか?

DJ PCDJ - ”私たちは”DJ PCDJとして活動しています。今後はDJ PCDJとして公で活動するかもしれませんが、どこの誰かは重要ではなく、楽曲を通して、DJ PCDJというものを楽しんでもらえればいいと考えています。

Is DJ PCDJ a person? or a group of people?

DJ PCDJ - "We" are working as "DJ PCDJ". We might be in the clubs in the future, but all we want you to do is to enjoy the project through our music and it's not important who we are.

あなたの所在地について、bandcampでは日本、Facebookではスタッテンアイランドと書かれています。あなたは今どこにいますか?

DJ PCDJ - 私達は国籍も、取り組み方もバラバラですが、DJ PCDJとしてこの100日あまり活動してきました。メンバーは固定かもしれないし流動的かもしれません。今後もいくつかDJ PCDJとしてのプロジェクトを考えています。引き続き皆さんにエンジョイしてもらえれば。

On bandcamp, is said you’re in Japan and on Facebook it's Staten Island. Where actually are you now?

DJ PCDJ - We all have different nationalities and attitude, and we worked as DJ PCDJ for about 100days. Members will stay same or someone might join or leave later, but we already have some plans for the future. We hope you keep enjoying our project.

related

Bandcampが6月19日の売り上げを全米黒人地位向上協会の法律事務所「NAACP Legal Defense Fund」に寄付

先日、ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人の男性ジョージ・フロイドさんが警察から不当な取り調べを受けている最中に窒息死した事件。これを契機に全米で大規模な抗議活動が発生、またデモや黒人の人権向上に関わる団体への寄付が呼びかけられる中、以前より売り上げ全額をアーティストに還元するキャンペーンを行なってきたBandcampが6月19日の売り上げの全額寄付を発表した。

Bandcampが5月1日に再び売り上げ全額をアーティストに還元するキャンペーンを実施すると発表

Bandcampが3月20日に新型コロナウイルスの打撃を受けたアーティストへの支援として行った売り上げ全額還元キャンペーン。その第二弾が5月1日に行われることが明らかになった。

Bandcampが新型コロナウイルスの影響を受けるアーティストへの支援として3月20日分の売上を全てアーティストに還元することを発表

音楽業界にも深刻な打撃を与えつつある新型コロナウイルス(COVID-19)。従来のようなライブやイベント等を継続することが困難となりつつある中、Bandcampがインデペンデントなアーティストやレーベルへの支援を行うと発表した。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。