Bandcampが5月1日に再び売り上げ全額をアーティストに還元するキャンペーンを実施すると発表

Bandcampが3月20日に新型コロナウイルスの打撃を受けたアーティストへの支援として行った売り上げ全額還元キャンペーン。その第二弾が5月1日に行われることが明らかになった。

キャンペーンでは通常のBandcampでかかるデジタルで販売される音源に15%、マーチャンダイズなどのフィジカルで10%の売り上げ手数料分も含めた売り上げ全てが直接アーティストの元に渡る。3月20日に行われた際は多くのアーティストが新たな音源やマーチャンダイズをリリースし、またアーティストやDJの多くが自身のファンアカウントを公開しおすすめの楽曲を紹介するなど大きなムーブメントが起こったことも記憶に新しい。

以前の声明には「多くのアーティストにとって、1日の売り上げの増加は家賃を支払うことができるか否かを左右するものとなります。それでも、私たちはこれを出発点にすぎないと考えています。ミュージシャンは今後数か月間、ツアー収入を失う影響を受け続けるため、ファンがアーティストをどのようにサポートできるか、アーティストがどのように新しい創造的なサポート方法をファンに提供できるかについて、いくつかのアイデアを共有しています」と綴られ、アーティスト側に新曲や過去のデモ音源、マーチャンダイズをリリースするなどこの機会を活用するアイデアをシェアしていた。

3月20日のキャンペーンに参加した方もそうでない方も、5月1日にウィッシュリストを消化しアーティストへのサポートを行ってみてはいかがだろうか。5月1日の詳細は4月27日にBandcamp上で発表される予定だ。

related

Bandcampが6月19日の売り上げを全米黒人地位向上協会の法律事務所「NAACP Legal Defense Fund」に寄付

先日、ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人の男性ジョージ・フロイドさんが警察から不当な取り調べを受けている最中に窒息死した事件。これを契機に全米で大規模な抗議活動が発生、またデモや黒人の人権向上に関わる団体への寄付が呼びかけられる中、以前より売り上げ全額をアーティストに還元するキャンペーンを行なってきたBandcampが6月19日の売り上げの全額寄付を発表した。

Bandcampが新型コロナウイルスの影響を受けるアーティストへの支援として3月20日分の売上を全てアーティストに還元することを発表

音楽業界にも深刻な打撃を与えつつある新型コロナウイルス(COVID-19)。従来のようなライブやイベント等を継続することが困難となりつつある中、Bandcampがインデペンデントなアーティストやレーベルへの支援を行うと発表した。

Bandcampがオークランドにレコードショップをオープン

音楽プラットフォームのBandcampがついにリアル店舗を出店する。来月、カリフォルニアのオークランドにパフォーマンススペースが併設されたレコードショップをオープンするとのこと。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。