新型コロナウイルスによる音楽関係の仕事への影響を聞いたアンケート結果が発表

日本ポピュラー音楽学会が実施した新型コロナウイルスによる音楽関係職への影響を聞いたアンケートの結果が発表されている。

このアンケートは「音楽に仕事として関わる個人」を対象にして4/9~4/16まで行ったもので、有効回答数は895件だった。イベントなどの自粛要請により、ほとんどの仕事がなくなったと回答した人が43.5%、決まっていた仕事が全てなくなったと回答した人が43.1%にのぼり、全回答者のうち実に86.6%が仕事の7割以上がなくなったという。

同じく3,4,5月分の収入が9割〜全てなくなってしまった人が50%を超え、7割以上減った人を合わせると全体の70%以上となる。こうした事態を受けて回答者の3割近くが仕事を廃業するレベルで困っているという深刻な実態も明かされている。

影響を受けている人の中では「3.4.5.6.7月で約2000万円ほどの仕事が無くなりました」という声や、「決まっていた仕事は全てなくなった。5月もほぼ中止決定、6月以降も中止が濃厚」となり「他の仕事を探さざるを得ないです」という声も紹介されている。アンケートはこちらから見ることができる。

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

ワクチンの接種が広がればアメリカのライブエンターテイメント会場が今秋には再開可能であるとの見解が発表される

昨年以来、新型コロナウイルスの発生によって世界中のライブエンターテイメント業界が大きな打撃を受けて久しい。未だにパンデミックの収束が見えない中、アメリカでのライブイベントの再開が可能となる時期の一つの目安とも言える見解が発表された。

緊急事態宣言の発出を前に音楽ライブエンタテインメント団体から政府に緊急経済支援策などを求める要望が提出される

新型コロナウイルスの再度の感染拡大に伴い東京・神奈川など1都3県に、本日1/7の夕方に再び緊急事態宣言が発出される見込みだ。 それを前に一般社団法人日本音楽出版社協会(MPA)、一般社団法人日本音楽事業者協会(JAME)、一般社団法人日本音楽制作者連盟(FMPJ)、一般社団法人コンサートプロ...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。