抵抗する絵文字 | ドナルド・トランプに抗議するツイートを分析。その中で最も使用されていた絵文字は!?

トランプ大統領就任、大統領令とアメリカを含め世界中で女性差別やムスリムに対する差別に対して抗議の声は止まらない。データ・ジャーナリストがワシントン女性行進やドナルド・トランプによる #MuslimBanに関連するツイートの統計を分析した。最も使用されている絵文字は拳を突き上げる絵文字であることが判明した。

データジャーナリズム・サイト Prismojiの創始者Hamdan Azharは研究内容を絵文字界のウィキペディアことEmojipediaに寄稿した。

TwitterのAPIを利用しAzhar氏は6万ツイートを分析。ハッシュタグ #NoBanNoWall、 #NoMuslimBan、 #NotMyPresident、#TheResistance、#WomensMarchのツイートに含まれる絵文字をグラフに表した。

NewImage

その分析結果からハート(❤️️)、涙を流して笑う顔(?)、アメリカの国旗(??)、拳(✊)が最も使用された絵文字であることが判明。#BlackLivesMatterでは拳が最も使用されている。

ハッシュタグと絵文字の組み合わせによって、より深い感情やムードの洞察が導き出される。例えば #NotMyPresident というムーブメントは落胆と怒りという感情が伴い、ワシントン女性行進 #WomensMarch では、自己決定と希望のムードが見て取れる。

1990年代に日本で絵文字MoMAに展示され、ポップカルチャーから政治的意思の表明にまで使用されている。Emojiの分析は現代文化から政治までの射程を含む。

特定の日にハッシュタグをつぶやくと自動的に絵文字が出現するカスタム絵文字をTwitter社は提供しているが、Twitterは昨年ドナルド・トランプ陣営のカスタム絵文字リクエストを拒否している。

related

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

トランプ大統領の弾劾公聴会でスウェーデンでのA$AP Rockyの逮捕が話題にのぼる

今年の夏、スウェーデンで乱闘騒ぎを起こしたことが原因で異例の拘留を受けていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府が介入したことでも大きな注目を集めたその一件が、現在アメリカ議会で行われているトランプ大統領の弾劾公聴会にて話題にのぼったようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。