ファッション業界の闇を描く衝撃ホラー『ネオン・デーモン』

映画『ドライヴ』で注目を浴びたニコラス・ウィンディング・レフン監督作の『ネオン・デーモン』 が1月13日より公開された。

トップモデルを夢見てロサンゼルスに上京してきた16歳のジェシーは、人を惹きつける天性の魅 力を持ち、順調なキャリアを歩みはじめる。ライバルたちは嫉妬心から彼女を引きずりおろそ うとするが、ジェシーもまた自身の中に眠っていた異常なまでの野心に目覚めていくというストーリーだ。

レフン監督の作品の特徴とも言える画面のヴィヴィッドな色彩構成は、彼が色弱であることが大き く影響しているという。音楽を担当するのは、『ドライヴ』以降、レフンとタッグを組み続けている クリフ・マルティネス。重厚でクールなエレクトロサウンドと、レフンが作り上げる徹底した映像 美は、華やかさと殺伐さが共存しているような唯一無二の世界観である。彼らの世界観を今すぐに体感したいという人は、この2人が制作したヘネシーの広告をチェックしてみることをオススメする。

 

『ネオン・デーモン』は様々な作品へのオマージュで構成されている映画でもある。『ワイルド・パーティ』、『マルホランド・ドライブ』、『インモラル物語』、『眼球譚』、『ネクロマンティック』、『イブの総て』、 『サスペリア』、『ファンタズム』etc..と、彼の美学に影響を与えた作品へのオマージュを探してみるのも一興だろう。アルマーニやサンロラーンが衣装提供するなど、ファッション 業界からも大きな注目が浴びた今作『ネオン・デーモン』は現在公開中だ。

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。