Lamp harajukuでファッション・フィルム『a piece of paper』の上映会が開催

先日の東京コレクション期間中、TOKYO FASHION FILMにて
予告編が公開された、Lamp harajukuファッションフィルム『a piece of paper』の上映会を、11/19(土) 18:00よりLamp harajuku店舗サロンで行う。

 

数々の海外映画祭で上映、受賞した前作『Je Te Veux』に続く
ファッションフィルム・ディレクター平野絢士とLamp harajukuのコラボレーション作品となる。

Lamp harajuku

ダンサーで振付家のホナガヨウコ、台湾と日本を股にかけるバンド「杏窪彌(アンアミン)」のボーカル、ミンが出演、衣装はAKIKOAOKIのLamp harajuku別注を中心に16-17AWでスタイリング。音楽はメルボルンのコンポーザーで
アコースティックなエレクトロニカが心地よいPascal Babare が楽曲を提供した。

・・Story・・

たぶんロンドンの外れ。とあるアパートに住む三姉妹。
長女は離婚で得た慰謝料で、次女はたまに描く絵を売って、
まだ学生の三女と三人で暮らしている。
ある朝、朝食のパンを買って戻ってきた次女が
不思議なエピソードを二人に話し始める…

Lamp harajuku

また、上映会をはじめ今週末はH.P.FRANCEが全社をあげてお贈りする
クリスマスキャンペーン「LOVE&GIFT」を開催しており、
Lamp harajukuには縁の深いアーティストやバイヤーの矢野悦子も来店する。

Info

日時:2016.11.19 Sat. 18:00-
作品名:『a piece of paper』
会場:Lamp harajuku 店内2階 東京都渋谷区神宮前4-28-15
入場料:無料


Lamp harajukuのテーマは、軽やかに女性らしさを表現するという意味の造語「フェミニンフェミニスト」の世界観を表現し続けている。
クリエイティブ・ディレクターは矢野悦子(https://www.instagram.com/etsuko.yano/)。
日本のブランドとインポートを取り混ぜたシーズンコレクションと、
毎月のウィンドウ・インスタレーションを通して「ガーリーでフェミニンな大人の女性への提案」を発信する。
店内には洋服の他 にもお茶や植物といったライフスタイルピースも取り扱い、
店内2階ではBELLOCQ TEA ATELIERのお茶を試飲できるカウンターでおもてなしします。
http://lamp-harajuku.com/

related

『mid90s ミッドナインティーズ』が国内でも大ヒットで公開劇場が拡大 | メイキング映像も解禁

ジョナ・ヒルの初監督作品『mid90s ミッドナインティーズ』が、メイン館である渋谷シネクイントや新宿ピカデリーではでは満席回が続出となり、大ヒットとなっている。興行収入は5,500万円となり9/25(金)から全国38館に拡大公開が決定した。

パリのセレクトショップCOLETTEの最後の日々を追ったドキュメンタリー映画が公開|Kanye WestやPharrell Williams、Futura 2000も出演

2017年12月に惜しまれつつ閉店を迎えたパリの伝説的なセレクトショップ『COLETTE(コレット)』の、閉店までの日々を追ったドキュメンタリー『COLETTE, MON AMOUR(コレット・モン・アムール)』の日本公開が9月26日(土)に決定した。

ソフィア・コッポラの最新作『オン・ザ・ロック』の公開を記念して35mmフィルムで『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を上映

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務め、Apple Original FilmsとA24が製作を手掛けるコメディ映画『オン・ザ・ロック』の公開を記念して、池袋・新文芸坐で10/9(金)から3日間限定で『ヴァージン・スーサイズ』と『ロスト・イン・トランスレーション』を35mmフィルムで上映する。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。