Metro BoominがFucking Awesomeにインスパイアされたアンチ・トランプTシャツをリリース

人気ラッパーたちにビートを提供し続けるスーパープロデューサーMetro Boominは直前に迫ったアメリカ大統領選挙を前に、『Young Metro Don't Trust Trump』というイベントを開催する予定だということは以前報じた

 

Metro Boomin

このイベントはライブ+トークイベントの形をとっており、Metro自身や交流のあるラッパーたちが出演し、共和党大統領候補のドナルド・トランプに反対するムーブメントをサポートするものだ。

Metroはイベント開催の目的を「みんなライブに行ってその時間を共有するのは好きだろ、全てが一緒にということじゃないけど、でも同じメッセージと視点をシェアできる。選挙の直前にこのイベントを開催して、おれたちみんなはトランプを大統領として選択しないことを祝おう」と語っている。

そしてそのイベントが本日開催されるのに際し、新しいTシャツをリリースすることを発表した。

今回リリースされるTシャツは2種類で1つがTrusted Teeというもので、おなじみのMetroのネームタグからインスパイアされたデザインになっている。

 

Metro Boomin

 

 

もう1種類はNYの重鎮スケーターJason Dillと写真家Mike PiscitelliによるブランドFucking Awesomeのロゴにインスパイアされた、その名もFuck Trump Teeだ。

Metro Boomin

どちらのTシャツもMetro Boominのウェブショップで購入可能となっている。

RELATED

Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

Playboi Cartiがリリースが遅れているアルバム『Whole Lotta Red』やMetro Boominとのコラボ作について語る

アトランタ出身のラッパーで現在アルバム『Whole Lotta Red』を制作中のPlayboi Cartiが、Faderのカバーストーリーに登場している。

ファッション誌ViViが自民党とのコラボキャンペーンをスタートするも多くの批判が寄せられる

講談社が発行する人気女性ファッション雑誌ViViがWeb上で展開しているあるキャンペーンが話題となっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。