ノイズバンドMarshstepperのメンバーがRocawearをデザインの盗用で非難

Nick NappaとのノイズバンドMarshstepperのメンバーでもあり、レーベルAscetic Houseの共同経営者でもあるJS AureliusがJay-Zが創設したストリートブランドRocawearのTシャツとパーカーのデザインに対して、自身のアーティストグッズのデザインと酷似しているとして非難した。

 

確かに一見するとRocawearのデザインは盗用以外の何ものにも見えない。

またJS AureliusはRocawearの創設者Jay-Zにたいして「おれへの印税はどこだ?」とTwitterにも投稿している。

さらにJS AureliusはFacabookでファンに対してメッセージを発信。

"私達の作品はみんなの時間、お金、宣伝なしには成り立たない""それはFree alabama movementやStanding Rock Sioux Tribute、あなたの近くのBlack Lives Matterを訴える人たち、Taala Hooghan Infoshopなどと一緒だ"と擁護してくれるファンに感謝の気持ちを述べた。

「もしこの盗作であなたが怒りを覚えたなら、私が見てきた盗作にさらに怒りを抱くのは確かだろう。アーティストと活動家は少なくとも社会の構造やシステムに影響を与える問題を扱い、世に出そうとしている。今回の盗作によって私が負けたら、リスナーも含め人類の限界、発展を抑制する社会の仕組みに負ける事になる。私は沢山の人々の愛情の深さを知っている。私は彼らと戦う方法の賢さをみんなの心の中にもとめてもらいたい。もしこの事に関して意見がある人は構わずコメントして欲しい」と投稿した。

「Jay-Zには感謝したい。彼はRocawearを離れた時、Rocawearのことを指摘してくれた。もう既に会社は別の人が経営、所有していた。恐らく彼らから連絡があるだろう。彼は全く関与していないのに彼の名前を取り上げてつまらないことをしたよ。彼が始めた会社がどうにかしてMarshstepperに取り付こうっていうのはシュールで面白いね」とさらにポストしている。

今回の騒動に関して未だにRocawear側からの反応はない。(野口耕一)

 

related

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。