大人気監督ウェス・アンダーソンが影響された名作映画とは?

『ダージリン急行』や『グランド・ブダペスト・ホテル』などの作品で日本でも高い人気をほこる映画監督ウェス・アンダーソンの、横移動に代表されるカット割りや画面の隅々まで徹底された監督の趣味の良さ、ユーモアあふれるキャラクター造形は当代一といってもいいだろう。ウェスは名門テキサス大学でウェスの作品の常連である盟友のオーウェン・ウィルソンと出会い映画制作を始めた。同大学が多くの名作を所蔵こともあり、そうした名画から貪欲に知識を吸収していったという。その知識をもとに作られたウェスの映画には数多くの名画からのいわゆるサンプリングが多く行われているが、一見しただけではよくわからない。そんな疑問を解消してくれる動画がYoutubeで公開されている。

Luis Azevedoは映画評論家のMatt Zoller Seitzが行ったリサーチとウェスに対してのインタビューに基づき、ウェスの作品のカットと似ている構図やテーマを持った別の作品のカットを並置し動画を作成している。

デビュー作『アンソニーのハッピー・モーテル』(1996)ではフランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』やアメリカン・ニューシネマを代表する名作『卒業』からの引用が行われていたり、出世作『天才マックスの世界』(1998)では多大な影響を受けているといわれるオーソン・ウェルズの代表作『市民ケーン』や『チャーリー・ブラウン』と似ているカットがあることがわかる。

『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)ではまたしてもオーソン・ウェルズの『市民ケーン』や『偉大なるアンバーソン家の人々』、『フレンチ・コネクション』など、最新作『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)からは『女王陛下の007』など、幅広いウェスの影響源が明らかにされている。動画は下記で視聴可能。

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(楽天)

アンソニーのハッピー・モーテル(楽天)

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

富田克也監督の『サウダーヂ』が公開10周年を記念してデジタルリマスター版が劇場公開決定 | 田我流も出演

富田克也が監督、制作を富田や相澤虎之助など映像制作集団「空族」が行なった映画『サウダーヂ』の公開10周年を記念して、10/23(土)からデジタルリマスター版を新宿・K’s cinemaで劇場公開する。

ハーモニー・コリンの衝撃作『トラッシュ・ハンパーズ』が京都みなみ会館にて特別上映

ハーモニー・コリンのキャリア史上最大問題作と言われる『トラッ シュ・ハンパーズ』(2009)の特別上映が、京都みなみ会館にて7月17日(土)に行われる。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。