アフリカン・ファッションの10年後の未来

©Kristin Lee-Moolman

イギリスのファッションスタイリストIbrahim KamaraとカメラマンKristin Lee-Moolmanのデュオが発表した"2026"シリーズが話題。

文 : Yuki Kobayashi

今から10年後の2026年、黒人男性のファッションがどうなっているかをテーマに、イマジネーションを膨らませながら、ジェンダーや人種を越えた自己表現のあり方にアプローチしていく。

ロンドンのアートスペース、Somerset Houseでグループ展が開催中。

Africa Fashion

2026-2

2026-3

2026-4

2026-5

2026-7

2026-8

 

 

related

性を越えていく弟を15年間撮りつづけたRona Yefmanの写真集 『LET IT BLEED』

1996年、イスラエルのアーティストRona Yefmanが撮影し始めたのは、ひさしぶりに再会した実の弟Gilと過ごす思春期の記録だった。

被写体としてのメキシコ──Alex Webbのスナップ写真に見る「猥雑さ」のテクニック

カメラを手にした時、メキシコという国の、被写体としての魅力に取り憑かれる写真家は内にも外にも数多く存在する。 今年世田谷美術館で回顧展が行われたばかりのマヌエル・アルバレス・ブラボもそうであるし、先日紹介した盲目の写真家Gerardo Nigendaもメキシコが生んだ特異な写真家だ。

眼に"触れる" ─── 盲目の写真家、Gerardo Nigendaが残したヌード・フォト

わたしたちはいつも写真画像を眺める時、多くの場合、ある一つの事実を当然のように前提している。それは、「このシャッターを押した人間は、眼が見えている」という前提だ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。