眼に"触れる" ─── 盲目の写真家、Gerardo Nigendaが残したヌード・フォト

by Yuki Kobayashi

わたしたちはいつも写真画像を眺める時、多くの場合、ある一つの事実を当然のように前提している。それは、「このシャッターを押した人間は、眼が見えている」という前提だ。

 

普段意識すらすることのないこの当たり前の事実は、「見えている世界を写しとる」ないし「写真家にとって世界はこう見えている(いた)」という近代写真のレゾンデートルそのものの底を支えてきたものでもある。

しかし、その前提が当てはまらない写真家がいる。

Gerardo Nigenda

1967年、メキシコ・シティで生まれたGerardo Nigendaは、25歳の時視力を失った。32歳、ドキュメンタリーフォトグラファーであるMary Ellen Markから
ヤシカのカメラを譲り受けた彼は、最初から盲目の写真家として遅咲きのキャリアをスタートさせたことになる。

その後メキシコ、スペイン、そしてアメリカを中心にした多くの展示やカタログを通じて、多く人々の目に文字通り「触れる」ことになる作品を生み出していった
彼の代表作は、ここに掲載したモノクロの女性のヌード・フォト。彼の盲目の友人だろうか、モデルの女性もまた目隠しをし、彼と同様に視覚のない空間をともにしている。

Gerardo Nigenda

Gerardo Nigenda

Gerardo Nigenda

被写体の香りを嗅ぎ、音を聞き、優しく触れながらシャッターを切っていったNigendaのオリジナルな撮影方法は、残されたドキュメンタリー映像でも確認できる。

 

目が見えないことによって立ち上がってくる不思議な距離感に満ちたイメージは、プリントに施された点字とともにモノクロの画面に定着され、私達の写真観を根底から揺さぶってくる力に満ちている。

Gerardo Nigenda

Gerardo Nigenda

彼自身は惜しくも2010年、43歳にして若くして命を落としたが、2014から翌年にかけては、メキシコの5つの美術館を巡回する大掛かりな回顧展も開かれた。

世界に点在する盲目の写真家たちによる作品を集めた『The Blind Photographer』( Redstone Press)のようなカタログで、より広い写真の可能性を感じてみてはどうだろうか。(Yuki Kobayashi)

RELATED

twelvebooksとflotsam booksによる写真集のPOP UP SHOP『Offline PhotoBook Shop』が京都で開催

海外の写真集などの国内ディストリビューションやコーディネートを手がけるtwelvebooksと、オンラインのみに存在するブックショップflotsam booksによるオフラインのPOP UP SHOP『Offline PhotoBook Shop』が、5/1(水)から京都の恵文社一乗寺店 COTTAGEで開催される。

Goro KosakaによるNYをテーマにした写真展が下北沢のFALSECRACKTOKYOで開催

これまでに数多くのヒップホップアーティストの写真や、自身の個展も開催してきた写真家のGoro Kosakaによる個展が東京・下北沢のFALSECRACKTOKYOで4/12(金)から1週間限定で開催される。

roshin booksとflotsam booksによる写真集に特化したアートブックフェア 『Photobook JP』の第2弾が開催

昨年roshin booksとflotsam booksの共同企画イベントとして横浜の大さん橋ホールにて開催され、4日間にのべ1万人以上の来場者数を記録した『Photobook JP』の第2弾が開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。