いくら食べても太らなくなる可能性を持つ夢の薬が開発中

自分の体重や、無駄についてしまった脂肪に悩んでいる方は多いだろう。減量のためにはジムに行って運動をすることや食事制限をするなどの方法が一般的だが、そのような努力をせずとも痩せることが出来る夢の薬が完成するかもしれない。

イヤホンは聴覚障害を引き起こすのか?

今の時代、街中を歩いていると、耳にイヤホンを付けて歩いている人の方が付けていない人より多いのではないかと思うくらい、イヤホンは現代において普及してきている。特に、若者に関しては1年間でイヤホンを耳にささない日の方が少ない人がたいていであろう。

過去30年間で悲しいムードの曲が増え幸せな曲は減ったことが研究により明らかに

現在では幸せなムードの曲より悲しいムードの曲の方が求められている?過去30年間でより悲しい曲が増え、幸せな曲が減ったという研究が発表された。

子供たちと良好な関係を築くために親はDrakeやCardi Bなどを聴いた方が良いという研究

FNMNL読者の方の中でも、子供たちとどういう形でコミュニケーションをとったらいいかと悩んでいる方もいるはずだが、そんな時はヒット曲に耳を傾けてみてはいかがだろうか? アリゾナ大学の研究者を中心としたグループがある研究を発表した。

日常的にライブに行くと長生きできるという論文が発表

日常的にライブなど音楽イベントに行くことで寿命を延ばすことができるという内容の論文が発表された。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

低音楽器がなぜ楽曲のリズムを司るパートを担当しているかを解明した研究

ベースのような低い音でリズムがプレイされると人間の脳はそれを「リズムである」と理解しやすくなることが判明した

科学者たちがマニアックなプラカードを掲げてトランプ大統領に抗議のデモ!

科学者によるプラカードがちょっとギーク・ユーモアにあふれていて話題になっている。

音楽はドラッグやセックスと脳の同じ部位を刺激する

セックスをしたり、MDMAなどのレクリエーショナル・ドラッグを摂取したり、美味しい食べ物を食べた時に感じる喜びのシステムは、音楽を聴くことによって同じように刺激される。

音楽はなぜ僕らを動かすのか (後編)

前回は、人がどのような音楽に合わせて踊りたくなるかが生まれ育った文化的背景に影響されること、いっぽうで文化に関係なく踊りやすい音楽には「ビートがはっきりしている」などの共通の特徴があることについて述べた。

音楽はなぜ僕らを動かすのか(前編)

ノリのいい音楽を聴くと、人はどうして踊りたくなるのだろうか? 実は、科学はこの問いの答えをまだ出せていない。しかし、すでにいくつかのヒントはつかめているし、科学者が今もっているツールの延長線上で十分に太刀打ちできる問いだと私は思っている。

「好奇心を、動かそう。」TOYOTAのエスティマの特設ページは不思議がたくさん!

Toyotaの新しいキャンペーンサイトが話題に
もっと見る