科学者たちがマニアックなプラカードを掲げてトランプ大統領に抗議のデモ!

昨日、米ボストンでトランプ大統領に抗議する科学者達がデモを行った。そこで掲げられていたプラカードがギーク・ユーモアにあふれている。

トランプ大統領の入国禁止を命じる大統領令だけでなく、彼の側近である環境保護担当のScoktt Pruittは地球温暖化の否定派だ。またドナルド・トランプ政権は国立芸術基金、全米人文科学基金を全面カットしようとしている。科学者たちは、科学という人間の歴史の叡智を守るために立ち上がった。

「オルタナティブ・ファクトとは√-1のことだ!」

「ポリオを忘れたのか?私は忘れない。ワクチンと科学に基づいた政策が命を救った!」

「サイエンスなくしてビールはない」
「サイエンスなくしてコーヒーはない」

「二酸化炭素が400ppm以下の頃が懐かしいわ」

アメリカ科学振興協会の定例ミーティングに出席する人たちはポスト・トゥルース、オルタナファクトが大好きなトランプ大統領に抗議するデモを企画。

「アメリカで科学者は攻撃されているだけではなく、その仕事自体を否定されていると感じているからこれだけの人が集まったのでは」と、参加者の一人は語った

「恐れが無知を蒸留し、ヘイトが生まれる」

「猫 - オルタナティブ・ファクト」

#standupforscience #factsmatter

A post shared by Miles Grant (@thegreenmilesgrant) on

related

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領であった際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。