Travis Scottがカンザスシティでのライブで「ありがとうセントルイス」と違う都市に対しシャウト

ライブに頻繁に足を運ぶ人は、アーティストが会場のある都市名をシャウトしている場面を一度は見たことがあるはずだ。その際に彼らが誤った街の名前を口にしてしまうという珍事がごく稀に起こるが、今回Travis Scottがそのようなミスをして話題となっている。

先週の日曜日「Astroworld Tour」でミズーリ州のカンザスシティを訪れたTravis Scottは、普段通りに最高なパフォーマンスを行なった。ライブの最後の曲が終了し、皆が歓声を上げる中、Travisはステージ袖にはけながら「ありがとう、おやすみセントルイス。愛してるぜ」とシャウト。歓声が止むことは無かったが、観客も冷静になった後に違和感が残ったことだろう。彼はその後に訂正を行うこともなく、そのまま何事もなかったかのように立ち去っている。

実際のところ、Travisはカンザスシティでのライブの翌日にセントルイスを訪れる予定であった。ライブをやり切ったという満足感とともに、少し気持ちが先走りすぎたのだろう。

アメリカではかつて、サウスウエスト航空による「ラッパーがMCで都市名を間違える」という内容のコマーシャルが放送されていた。どこか別の都市でライブを行なったラッパーが「ありがとうデトロイト!」と叫んだところ観客が静まり返り、グループのメンバーに「デトロイトは昨日だよ」と耳打ちされ恥ずかしさのあまり飛行機に乗って逃げようとする、というあらすじである。

そのため、「セントルイス!」と叫んだTravisの様子を見て上のCMを思い出した者も多かったようだ。

日本では、真偽は不明だが人気ロックバンドGLAYのボーカルであるTeruが山形でのライブで「ありがとう、岩手!」と叫んだ、という噂が囁かれている。また、SUMMER SONICやフジロックフェスティバルに出演した海外アーティストが「東京!」と叫んでしまうことも多い。

このようなうっかりミスをしてしまう程、Travis Scottもライブで疲れ切っていたのだろう。人間らしい一面が見られるニュースであった。

RELATED

NasがTravis Scottとの対談で「長く続けることが偉大になる秘訣だ」とアドバイス

昨年リリースされたアルバム『Astroworld』でまさしく当代随一のアーティストとなったTravis Scott。そんな彼に、伝説的なラッパーであるNasがアドバイスを行なっている。

Travis Scottの“Sicko Mode”が初登場から32週間連続全米シングルチャートトップ10に残り続け新記録を樹立

昨年を代表するアルバムとなったTravis Scottの『Astroworld』。中でもDrakeをフィーチャーした“Sicko Mode”はかなりの人気曲となり、昨年の12月に全米シングルチャートで1位を獲得。そんな“Sicko Mode”が、チャートトップ10に入ってから32週間が経過した現在もトップ10に残り続ける記録を打ち立てた。

Travis Scottがコンサート中に恋人のKylie Jennerに愛を叫ぶ

先日には“Baby Shark”にノリノリだったTravis Scottだが、その後瞬く間に窮地に立たされてしまった。事の発端はKylie Jennerの親友であったモデルのJordyn Woodsが、Kylieの姉であるChloe Kardashianの恋人(当時)でNBAプレイヤーのTristan Thompsonと浮気したという疑惑が浮上したことだ。この事で疑心暗鬼になったのか、Kylieは自身の恋人であるTravisに「浮気の証拠を掴んだ」と疑いの目を向けたのである。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。