CoachellaのオーガナイザーがラインナップにあるGucci GangはGucci Maneの間違いではないと主張

先日、発表された今年のCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーのChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeをはじめ、そうそうたる名前が連なっており、今から非常に開催が楽しみだが、リストにある名前の1つがちょっとした話題になっているようだ。


もしかすると、このラインナップが発表された時点で疑問に思った人もいるかもしれないが、3日目のラインナップの上から4行目の1番左にGucci Gangというアーティストが書かれている。Gucci Gangと聞いて、まず最初に思い浮かぶのはLil Pumpの代表曲“Gucci Gang”だが、それならここにはLil Pumpと書けばいいわけで、このGucci Gangというアーティストが誰なのかちょっとした論争が巻き起こったというわけだ。

Lil PumpではないとしたらいったいGucci Gangとは誰なのだろうか。実はラインナップが発表された当初、CoachellaのウェブサイトにはGucci GangのところにGucci Maneの写真が使われており、多くの人々はGucci GangというのはGucci Maneの誤植だったと思っていた。

しかし、TMZがCoachellaのオーガナイザーに取材を試みたところ、「Gucci GangはGucci Maneの間違いではない」と主張。その後、ウェブサイトの写真はGucci Mane1人の写真から変更され、Lil Pump、Gucci Mane、Smokepurppの3人の写真になっていたのだ。つまり、Gucci GangというのはGucci ManeとLil Pump、そしてSmokepurppの3人によるユニット名だったというわけだ。

最終的に疑問は解消されたわけだが、Lil PumpとGucci Mane、Smokepurppの3人が同時にステージに上がるとしたら、ものすごいことになるのは間違いないだろう。開催が今から待ちきれない。

RELATED

Gucci Maneが次のMVの監督に俳優のジョナ・ヒルを起用

3/2(土)に映画『22 Jump Street』などで知られる俳優Jonah HillがInstagramでGucci Maneとのトークのスクリーンショットを公開し、自身がGucci Maneの次のMVを監督する事を明かした。

Kanye WestがCoachellaの会場に巨大なドームの建設を要求しヘッドライナーを外される

先日発表されたアメリカ最大級の音楽フェスCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーにはChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeの三人が発表されているが、当初ヘッドライナーにはKanye Westが予定されていた。今回、Coachallaの共同創設者であるPaul TollettがKanye Westの降板の理由を明かしている。

Gucci Maneが「刑務所に入っていなければドラッグで死んでいた」と語る

トラップの元祖の一人としても知られ、現在も第一線での活躍を続けるGucci Mane。そんな彼は今までに複数回逮捕され刑務所に入っていたことでも知られているが、「もし刑務所にはいっていなかったらドラッグで死んでいた」と語っていることが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。