Coachella 2020が新型コロナウイルスの影響で10月に延期されて開催されることが決定

世界を震撼させている新型コロナウイルス。イベントの中止や自粛など音楽業界も大きなダメージを受けているが、そんな中来月開催予定だったアメリカ最大の音楽フェスCoachellaが10月に開催延期となることが発表された。

Coachellaを主催するGoldenvoiceが今日声明を発表し、「リバーサイド郡と公衆衛生局の指示により、COVID-19の懸念によってCoachellaとStagecoachのスケジュールを変更することを、残念ながら決定することとなりました。何もかもが不確実な状況での決定ですが、我々はゲスト、スタッフ、コミュニティの安全と健康を真摯に受け止めています。全ての人に、公衆衛生局によって発表されたガイドラインと議定書に従うことを勧めます」としてフェスの日程変更をアナウンスした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coachella(@coachella)がシェアした投稿 -

2020年のCoachellaは10月9日、10日、11日、そして10月16日、17日、18日に開催される。そしてStagecoachは10月23日、24日、25日に開催となる。4月のチケットは全て10月にも使用することが可能だが、10月に来場出来ない場合のチケットの払い戻しについては3月13日(金)までにアナウンスされるとのこと。

今年のCoachellaはヘッドライナーにRage Against The Machine、Travis Scott、Frank Oceanがラインナップされ、他にも多くの豪華なアーティストの出演が発表されていた。

Coachellaの他にもテキサス州オースティンで毎年開催されるSXSWやEDMフェスのUltraなど、多くのフェスがキャンセルや延期の発表を行っているここ数日。音楽ファンにとって厳しい状況だが、果たして事態が収束する日は訪れるのだろうか?

related

Tame ImpalaのKevin ParkerがCoachellaのヘッドライナーを務めた際に「ステージの演出にお金を使いすぎた」と明かす

最近ではA$AP RockyやTravis Scottを始め、ヒップホップアーティストとのコラボでも注目を集めるオーストラリアのサイケデリックロックバンドTame Impala。そのフロントマンであるKevin Parkerが、昨年のCoachellaに出演した際のまさかのエピソードを明かしている。

来年のCoachellaのヘッドライナーはTravis Scott、Frank Ocean、Rage Against The Machineか?

4/10(金)〜4/12(日)、4/17(金)〜4/19(日)と2週連続で開催される来年のCoachellaのヘッドライナーについて、Us Weeklyが内部情報を得たと報じている。

Coachellaの期間中に性病の患者が急増したことが明らかに

音楽フェスに行く人の中には、ライブやDJだけでなく観客同士の交流を深め新たな友達やパートナーを作ることを楽しみにしている人もいるかもしれない。しかし、先日開催されていたCoachella 2019で性病に罹患した人が急増したことが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。