リハビリを終えたLil Xanがバカンスに繰り出すも宿を追い出される

一昨日、薬物中毒のリハビリを終えてクリーンになったことを発表したLil Xan。施設から出てきた開放感からか、少しハメを外しすぎたようだ。

リハビリを終えたLil Xanは、その勢いでカリフォルニアにバカンスを取りに行ったという。Air BnBを利用して宿をとった彼はさっそく庭でパーティを始めたところ、音楽の音量があまりに大きかったため警察から注意を受けてしまった。警察に注意される様子を撮影した動画がLil XanのInstagramにて公開されている。

「音楽をデカい音で流したせいで、警察が来たぜ」とはしゃぐLil Xanに対し警察官は「ああ、音量が大きい。それだけだ」と危害を与える意思がないことを説明するが、Lil Xanは「でも、お前は銃を持っているだろ。俺たちは持っていない。お前は俺たちを殺せる道具を持ってるんだぜ」と挑発。その結果、彼らはAir BnBの宿を退去させられることになってしまった。

幸い逮捕されることは無かったようだが、せっかくのバカンスが台無しになってしまったLil Xanであった。リハビリが終了したことがそんなにも嬉しかったのだろうか。

RELATED

Lil Xanが薬物中毒のリハビリを終えたことを発表

今月の初め、Lil PeepやMac Millerの死を受けて薬物中毒のリハビリを受けると発表していたLil Xanが、無事リハビリを終えて戻ってきたことをアナウンスしている。

Lil Xanが薬物中毒のリハビリを受けることを決意

Lil Xanが自身の薬物中毒について告白し、リハビリを受けることを宣言する動画が公開された。

激辛スナックCheetosの食べ過ぎで搬送されたLil Xanがこれからも食べ続けることを宣言|「Cheetosは一種のドラッグ」

激辛スナック菓子『Flamin’ Hot Cheetos』の食べ過ぎで腹痛を起こし、救急車で運ばれたと報道されたLil Xan。新たにTMZのインタビュー動画で今回の騒動の詳細を語り、カメラの前でCheetosを食べて元気になった姿を見せた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。