Meek MillがDrakeと賭け卓球をして1000万円負けたと明かす

本日ニューアルバム『Championships』をリリース予定のMeek Mill。今年の9月に長きに及んだDrakeとのビーフを終結させたことも話題となった彼が、その後Drakeと賭け卓球をして負けたというエピソードを語っている。

Beats 1のインタビュー番組に登場したMeek MillはDrakeとの関係について尋ねられ、フィラデルフィアでのライブで共演を果たしビーフが公式に終結した後二人で遊びに行ったことを明かした。「ビーフをステージ上で終わらせた後、俺たちは卓球をしたんだ。俺は100000ドル(約1000万円)も負けてさ。Drakeらしく、上手いことやりやがった。全く巧妙な奴だよ」

どうやらDrakeはラップでのビーフだけでなく卓球も上手かったようだが、それにしてもとんでもない賭け金だ。流石はトップアーティスト二人と言うべきだろうか。Meek Millはビーフが過熱してしまった理由について「色々な問題が同じタイミングでやってきて、そこに巻き込まれたんだ。ハイになって、メディアを通じて彼女と公式に別れた。あれは最大級のラップビーフだったけど、みんなは俺のことが好きじゃなかったみたいだな。俺は良い立場にはいなかった」と、Nicki Minajとの破局を始め様々な問題によって精神的にまいっていたと述べている。しかしDrakeとのビーフを通じてMeek Millの知名度が上がったこともまた事実だ。また、彼は「どうして俺はCardi Bと曲を一緒に作っていないんだ?」と、元彼女のNickiとビーフをしているCardi Bと共演したいとジョークを飛ばしている。

卓球でもDrakeと激しい戦いを繰り広げたMeek Mill。彼の最新作『Championships』がどのような作品に仕上がっているのかも気になるところだ。

RELATED

Kanye WestがTwitterでDrakeへの不満をぶちまける

Kanye WestとDrakeといえば、ともに楽曲を制作する間柄でありながら、ビーフとまではいかないまでも、度々お互いをディスするなど長きにわたり複雑な関係性が続いていることは有名な話だ。だが、今回はそうはいかないかもしれない。Kanyeが自身のTwitterでDrakeへの不満をぶちまけたのだ。

Meek MillがDrakeによるディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイル

長きに渡ったDrakeとのビーフを解消し、先週リリースした最新作『Championships』も話題となり絶好調のMeek Mill。そんな彼がHot 97の人気ラジオ番組「FUNK FLEX」に出演し、Drakeによる2015年のディス曲“Back to Back”のビートでフリースタイルを披露した。

Drakeが今年SpotifyとApple Musicで最もストリーミングされたアーティストに

今年はDrakeの年だったということだろうか。SpotifyとApple Musicが今年、最もストリーミングされたアーティストを発表し、Drakeが2冠を達成するという快挙を成し遂げた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。