【ライヴレポート】『分離派の夏』の終わり | 小袋成彬がライヴで表現した言葉にならない感覚

小袋成彬はさまざまなインタビューで、デビューアルバム『分離派の夏』は個人的な作品であると話していた。だが同時に「主観と客観のせめぎ合いを音楽の秩序に放り込んだんですね。語っているのは自分なのか、子供の自分なのか曖昧なまま突き進んでいって、曲が出来た瞬間に完全に自分から離れるんですよね。僕のものではなくなるというのは実感していて。僕は作者と作品は全く別物だと思っていて」(FNMNL)とも語っている。小袋はライヴでどんなパフォーマンスするのか、そんな思いで会場に向かった。

10/10に東京・渋谷のWWWXで開催された彼のワンマンライヴは異例の内容だった。メンバーは小袋に加えて、鍵盤とギターのサポートメンバーの3人のみ。彼は『分離派の夏』から11曲と、新曲を4曲、カバー曲などを含む全18曲を約60分で歌いステージを去った。ライヴでは、パフォーマーとしてアクションすることはなく、さらにはコールアンドレスポンスを要求したり、自身のパーソナリティを垣間見せる小話もしなかった。観客は「主観と客観がせめぎあった」歌に感情移入できず、曲終わりに拍手していいのかすらわからなかった。

とはいえ、別に小袋が威圧的だったり、閉鎖的だったというわけではない。彼自身はナチュラルでライヴ中に笑顔すら見せていたが、その歌声には厳かさがあった。静謐な教会にいて、物音をたてるのが後ろめたくなるような空気。心地よい緊張感が会場を支配していた。

小袋は今年FUJI ROCK FESTIVALに出演した際の動画インタビューで、「(ライヴでは)周りの音が結構聴こえてないんですよ。歓声とか、拍手すら。50分間、自分の人生を振り返る場を与えられたと解釈して、ひたすら(歌に)没頭しています」(YouTube)と話していた。今回のワンマンライヴも、おそらく彼にとっては同様のものであったように思える。

1曲目は"再会"だった。彼は自己紹介もなく1人でステージに現れると、中央に置かれたパイプ椅子に腰掛けておもむろに歌い出す。以前誰かが「どんなに入念に準備しても、(ライヴは)歌い出すその瞬間まで調子の良し悪しがわからない」と話していた。この曲のイントロは重いベースとドラムのみ。小袋は低音と高音が激しく入り混じるヴォーカルを歌うため、深く集中している様子だった。

続く"Game"ではミニー・リパートンを彷彿するファルセットを、エコーなどのエフェクトを使わずに歌う。さらにライヴの前半は"茗荷谷にて"、"Lonely One"とヘヴィでダークな曲調の楽曲が並ぶ。3曲目にはタイトル未定の新曲が早くも披露された。上モノではアコギのフレーズをサンプリングし、ビートはトラップのエレクトロニカで、ヴォーカルには幾重にもエフェクトがかけられていた。1stアルバムはライヴ用に制作していないと話していたが、今後は異なるタイプの楽曲が発表されるかもしれない。

中盤の"Summer Reminds Me"では、ステージのバックになっていた緞帳が開く。そして相棒・小島裕規(Yaffle)とサポートのギタリスト・畠山健嗣   も登場する。楽曲も"E. Primavesi"、"GOODBOY"、"夏の夢"、"門出"とやや明るい曲調のナンバーが並んだ。また童謡のようなメロディながら、ビートはトラップの新曲も発表していた。このパートで面白かったのは、"門出"など何曲かで録音物よりもライミングを強く意識し、ラップのように歌っていたこと。今アメリカやイギリスでは、R&Bはもちろんロックやフォークなどのシンガーもヒップホップから影響を受けている。小袋もそんな同時代を感覚をしっかりとキャッチしていることが感じられるシーンだった。

Alicia Keysの"If I Ain’t Got You"のカバーからライヴは怒涛の後半戦に突入する。小袋はエレキギターの弾き語りで、このソウルフルなナンバーをものすごい声量で歌い上げた。彼のオリジナル曲の多くは、複雑な感情の起伏を表現するために、細かにヴォーカルパートを歌い分けている。ゆえにこの"If I Ain’t Got You"のように、エモーションをストレートに爆発させるパワフルなナンバーは少し意外な選曲だった。しかしそこが小袋の音楽的な懐の広さの表れなのか、このカバー曲もどこかに儚さを感じさせた。

ライヴのエモーショナルは静かだが徐々に加速していく。「終わりの話をしよう」という歌詞が印象的なビートレスの新曲では、フェンダーローズの揺らぎある音色とギターに小袋の歌がしっとりと絡まる。さらに、"Daydreaming in Guam"の1ヴァース目で小袋はマイクを通さず生の歌声が会場に響かせた。アウトロでは小袋もギターを握り、すすり泣くようなギターソロを弾く。"Selfish(WoO!)"を経て、オルガンの音色が賛美歌を彷彿とさせる"愛の漸進"になだれ込み、ラストの新曲「ある暮らしのための曲」を一気に歌い終えた。

この日のワンマンライヴが、前述のFUJI ROCK FESTIVALの動画インタビュー時と大きく異なるのは、彼がその後さまざまなフェスに出演したことだ。いまだに「ライヴは自分の人生を振り返る場」という感覚は残っているものの、同時にフェスでの経験をどのように表現するのか迷っているような節も感じ取れた。

そしてもう1つライヴを見て感じたことがある。それは彼の歌にブルースの持つどうしようもない悲しさと、ゴスペルのように歌うことで自浄する感覚が同時にあるということだ。これはサウンド面のテクニカルな話ではない。むしろ歌に込められた、理屈では表現できない感覚のことだ。フェスではなく、彼のパーソナルなライヴだからこそ感じられたのかもしれない。だが、その感覚を踏まえて「分離派の夏」を改めて聴き直すと、浮かび上がるテーマがあった。それは死と生だ。具体的なストーリーはわからないが、このアルバムは小袋成彬が体験した第三者の悲しい死と、そのトラウマを歌うことで浄化しようとした彼自身に関する作品なのだ。ライブ会場に充満していた、教会のような荘厳さの源はそこにあったと考える。

おそらく今回のライヴで「分離派の夏」は終わった。小袋成彬は2018年で得た知的な経験を経て、新たなプロセスへと歩みを進めるだろう。この感受性豊かでありながら、不器用なシンガーソングライターと同時代を生きられることは、非常に喜ばしいことだ。(宮崎敬太)

小袋成彬 2018年10月10日 WWW X セットリスト

01. 再会

02. Game

03. 新曲

04. 茗荷谷にて

05. Lonely One feat.宇多田ヒカル

06. Summer Reminds Me

07. E.Primavesi

08. GOODBOY

09. 夏の夢

10. 新曲

11. 門出

12. If I Ain't Got You(Alicia Keys)

13. 新曲

14. Daydreaming in Guam

15. Selfish(WoO!)

16. 愛の漸進

17. Ending

18. 新曲

<オンエア情報>
日本最大の音楽専門チャンネル スペースシャワ—TVにて独占放送
番組名:「LIVE SPECIAL 小袋成彬 10.10.2018@WWW X」
放送日時:
初回 11/8(木)22:30〜23:00
リピート 11/27(火)26:00〜
視聴方法: http://sstv.jp/howto

分離派の夏-cover-20180110-2_s-1

1stアルバム『分離派の夏』
4月25日(水) 発売
通常盤 ESCL-5045
価格 \2,778(税抜)

収録曲
01.  042616 @London
02.  Game
03.  E. Primavesi
04.  Daydreaming in Guam
05.  Selfish
06.  101117 @El Camino de Santiago
07.  Summer Reminds Me
08.  GOODBOY
09.  Lonely One feat. 宇多田ヒカル
10.  再会
11.      茗荷谷にて
12.     夏の夢
13.  門出
14.  愛の漸進

RELATED

OGRE YOU ASSHOLEの特別セットや小袋成彬がDJとしてLIQUIDROOMのカウントダウンに追加出演

全方位なセレクションで話題を呼んでいるLIQUIDROOMのカウントダウンパーティ。本日発表された第3弾のアーティストでは、DEEP CUTセットをさらに進化・深化させたノンストップ・セットを披露するOGRE YOU ASSHOLEが出演決定。

【ライヴレポート】宇多田ヒカル 『Laughter in the Dark Tour 2018』 | 「今までで一番ライヴを楽しんでいるんだ」

宇多田ヒカルのコンサートツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』の埼玉公演が、12月5日にさいたまスーパーアリーナで開催された。この日のライヴは同会場での2DAYS公演の2日目。ツアー全体では12月8、9日に幕張メッセ国際展示場で行われたファイナルを前にした終盤戦だった。

【インタビュー】KERENMI | 国内で椅子取りゲームするより、新しい席を作りたい

日本を代表するプロデューサー・蔦谷好位置が、新たにKERENMIというプロジェクトをスタートさせた。11月23日にリリースした「ROOFTOPS」を皮切りに、今後SALUをはじめとするさまざまなアーティストとの共演曲を発表していくという。J-POPですでに圧倒的なポジションを確立している蔦谷は、なぜ変名プロジェクトをやろうと思ったのか? その思いを聞いた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。