Reebok CLASSICからVHSMAGとT19とのコラボカプセルコレクションが登場

Reebok CLASSICから、ウェブスケートメディアVHSMAGと、東京の伝説的なスケートチームT19とのトリプルコラボによるカプセルコレクションをリリースする。

90年代前半からスケートカルチャーと密接に関わってきたReebok、特に80年代に生まれたメンズ用のフィットネスシューズ「WORKOUT」は90年代のスケーターたちに愛用された。

今回のコラボはWORKOUTとテニスシューズ「CLUB C」をミックスしたスニーカー「CLUB WORKOUT」をメインに据えた。「CLUB WORKOUT」は80年代当時は発売を見送られた伝説のモデルで、2017年の春夏シーズンに初登場した。

商品名称:CLUB C WORKOUT T19 VHS 品番/カラー:[CN7720]ラグドマルーン/バンカーブルー/ホワイト/ガム 自店販売価格:12,960 円(税込) サイズ:22.5cm~30.0cm

スニーカーの他に、ロングスリーブTシャツ、キャップ、シューズバックにリストバンドを加えた5アイテムを展開、各アイテムには80年代のリーボックのスニーカーにデザインされているユニオンジャックにT19とVHSMAGを表現したカスタムロゴを採用している。

商品名称:ベクターロングスリーブ T シャツ 品番/カラー:[DP1680]ホワイト 自店販売価格:6,469 円(税込) サイズ:S/ M/ L/ O/ XO
商品名称:ベクターロゴキャップ 品番/カラー:[DP2195]フラッシュレッド 自店販売価格:5,389 円(税込) サイズ:ONE SIZE
商品名称:ベクターシューズバッグ 品番/カラー:[DP2197]ブラック 自店販売価格:4,849 円(税込) サイズ:ONE SIZE
このカプセルコレクションは10/12(金)にReebokオンラインショップや都内のReebok Classicストアなどで発売となる。

Info

・リーボック オンラインショップ(http://reebok.jp)
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべの HOOP、立川立飛、横浜ビブレ、名古屋みなとアクルス) ・atmos Harajuku / BEAMS 原宿 / BILLY’S ENT 原宿 / CHARLIE / EAZE / FIVESTAR MEGASTORE / FLAVOR /
FREAK'S STORE ZOZO TOWN / FVK / GRANDE / GREEN / HOMEBASE / INSTANT / ITAYA / JOCKS / KICKS LAB. / PEDESTORIAN / SCRIBE ART WORKS / Styles 各店 / SUBJECT / TRICKS / UNDEFEATED.JP /
UPTOWN Deluxe, UPTOWN 熊本  / サムハウスアポロ 2 / メローズ

RELATED

Kanye Westがスケボーのトリックを学ぶ

音楽だけではなくファッションやアート、そしてこれは無知をさらすことになってしまったが政治とKanye Westの好奇心は尽きないようだ。

アメリカの伝説的なスケーターたちによる展覧会『LOVE + GUTS』が日本で初開催中

アメリカのレジェンドスケーター達によるアートショー『LOVE + GUTS(ラブアンドガッツ)』が、昨日から東京・原宿の16(Sixteen)で開催中だ。

Reebok CLASSICのDMX FUSIONを葵産業、Broke City Goldの2ブランドがカスタマイズしたモデルが発売

Reebok CLASSICの新アイテムDMX FUSIONの発売を記念して、独自のセンスの刺繍屋として注目を集める葵産業と、原宿を拠点にするブランドBroke City Goldとのスペシャルコラボが実現した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。