Young ThugのエンジニアAlex Tumayがファン達はリークを望むべきではないと語る

先日、最新EP『On The Rvn』をリリースしたYoung Thug。
EPの最後に収録されているElton Johnとの楽曲“High”はリリースの1週間前ほどにリークされてしまったのだが、ヒップホップに限らず、音楽業界においてリークというのは深刻な問題であり続けている。

今回、Young Thugと長年仕事をともにしてきたエンジニアであるAlex TumayがNoiseyのインタビューに登場。音源のリークについて語った

まず、Tumayはリークに対し「とても心が痛むよ」と述べ、続けてこう語っている。「人々は(リークによって)金銭的な利害関係がなくなることを理解していないんだ。それは曲がどのようにリリースされるかとか、もしリリースされたらとかの話ではないけど、とても重みのあることだっていうのは間違いない。曲がリークされることによって、その曲の社会や大衆へのインパクトが減るんだよ。リークはいくつかの点で助けになるかもしれないけど、結局リークされた後に出る本物の曲に対する驚きは少なくなるから、全体的にはかなり深刻なんだよ。“High”はチームの誰もが大事にしていたから、オフィシャルリリースをやめることはしなかったんだ。」と怒りを見せた。

実はTumayがリークに言及したのはこれがはじめてではない。
2015年、Young ThugとRich Homie Quanのコラボ音源がリークされた際にも、Tumayは自身のTwitterでリークに対し、言及している。

この時から3年経った今でもTumayの思いが伝わっていないのは悲しいことだ。

音楽業界とリークは切っても切り離せない問題の1つだが、何か画期的な解決方法などないものだろうか。

related

Pop Smokeの遺作でのリリックをきっかけにPusha TとYoung Thugとの間でビーフが発生

先週金曜日にリリースされた、故Pop Smokeの最初で最後のアルバム『Shoot For The Stars Aim For The Moon』。同作はVirgil Abloh手掛けるアートワークを巡り議論が起こるなどの騒動もありながら無事リリースとなったが、生前の彼が遺した楽曲でコラボレーションを行なっていたPusha TとYoung Thugとの間に、その楽曲をきっかけとしたトラブルが発生してしまった。

French Montanaが「俺はKendrick Lamarよりもヒット曲の数が多い」と発言しInstagram上でのバトルを計画|なぜかYoung Thugが横槍を入れる

新型コロナウイルスによる自宅待機の中、Insgtagramライブを用いた配信が人気を増しつつある昨今。ヒップホップシーンではSwizz BeatzとTimbaland、Scott StorchとMannie Freshらによるビートバトルが大きな盛り上がりを見せた。そんな中、French Montanaもバトルの流れに乗ることを考えているようだ。

21 SavageがFutureとYoung Thugはラップの楽曲のうち9割にクレジットされるべきだと語る

FutureとYoung Thugといえば、その独特なフロウとワードセンスを武器に今のトラップを中心とするヒップホップシーンに大きな影響を与えてきた。そんな中、両者とのコラボ経験もある21 Savageが、彼らが現在のシーンの楽曲の9割にクレジットされるべきだと語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。