Kendrick LamarとSZAが次回作より自由契約になる可能性

言わずと知れた人気レーベルのTop Dawg Entertainment。TDEを代表するアーティストといえばKendrick LamarとSZAの二人がいるが、彼らの作品はそれぞれInterscopeとRCAからリリースされている。そのような状況の中、二人が次のアルバムより自由契約になるとHits Daily Doubleが伝えている

TDEに所属するアーティストたちの中にはIsiah RashadやAb-Soulのように自身の作品をTDEのみからリリースする者の他、KendrickにSZA、またSchoolboy QやJay Rockのように他の大手レーベルとも契約している者も存在する。

KendrickとSZAがInterscopeとRCAとの契約を終了すれば彼らは一時的にTDEにのみ所属する状態になるが、他レーベルが彼らを巡って争奪戦を行うことが見込まれる。

この件についてDJ BoothがTDEのPunchに取材を試みたそうだが、「ノーコメント」という返答しか得られなかったようだ。

果たして絶大な人気を誇る二人のアーティストによってアメリカの音楽業界はどう動くのだろうか?

RELATED

Offsetがアルバム『FATHER OF 4』でKendrick Lamarをゲストに迎えようとしていたことを明かす

先週金曜日にリリースされたOffset初のソロアルバム『FATHER OF 4』。プロデューサーにSouthsideとMetro Boominを迎え、J. ColeやGunna、Cardi B、Travis Scottなどをフィーチャーした豪華なメンバーの同作だが、OffsetはさらにKendrick Lamarが参加する楽曲を制作しようとしていたという。

Kendrick Lamarが97000曲ものビートをキープしていると関係者が語る

FNMNLでヒップホップのニュースをチェックしている方は、「曲がたくさんある」というボーストをラッパーが行なっている様子を目にしたことが一度はあるだろう。「15000曲をレコーディングした」というYoung Thugや「65000曲のストックがある」というAnderson .Paakの発言をこれまで紹介してきたが、今回はこの「いっぱいあるシリーズ」にKendrick lamarが加わった。

SZAがSixpence None The Richerのクラシック“Kiss Me”をカバー

映画『ブラックパンサー』のサウンドトラックに収録された“All The Stars”でKendirick Lamarと共にグラミー年間最優秀楽曲賞にノミネートされたSZA。そんな彼女が、90年代にアメリカで人気を集めたバンドSixpence None The Richerのヒット曲“Kiss Me”をカバーし話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。