YOKOHAMA RECORD MARKETが明日開催 | VIDEOTAPEMUSICやOMSBもDJで出演

横浜・みなとみらいの象の鼻テラスで、明日9/30(日)にYOKOHAMA RECORD MARKETが開催される。

このイベントではCOCONUTSDISKやManhattan Recordsなど10店以上のrコードショップが出店、CAPTAIN VINYLやクボタタケシ、DJ EMMAなどDJたちによるフリーマーケットも登場する。

さらにVIDEOTAPEMUSICやOMSBによるDJや、BTB特効とDEEPCOUNT のライブも楽しめる。パフォーマンスのタイムテーブルはこちら。

13:30~14:30 PoLoGod. (60) DJ
14:30~15:30 珍盤亭娯楽師匠 (60) DJ
15:30~16:30 VIDEOTAPEMUSIC (60) DJ
16:30~17:30 B.D. as Killa Turner (60) DJ
17:30~18:30 DEEP COUNT (60) LIVE
18:30~19:30 RYUHEI THE MAN (60) DJ
19:30~20:10 BTB特攻(40) LIVE
20:10~21:00 OMSB (50) DJ

Info

YOKOHAMA RECORD MARKET
横浜レコードマーケット

2018年9月30日 日曜日雨天開催
象の鼻テラス
https://www.zounohana.com/schedule/detail.php?article_id=991
OPEN 12:00-21:00 入場無料

SHOP
COCONUTSDISK
EAD Record
TURNTABLE
Bloody Angle
LocoSoul Records
LCA Records
Breakwell Records
Crystal Gypsy Vinyl
Manhattan Records
Erect Record
Yellow Pop Kawaguchi
Yellow Pop ShimoKitazawa
440 Records
Vinyl Cycle Records

DJ
B.D. as Killa Turner
RYUHEI THE MAN
PoLoGod.
OMSB
VIDEOTAPEMUSIC
珍盤亭娯楽師匠

LIVE
BTB特効
DEEPCOUNT

SPECIAL FLEAMARKET
CAPTAIN VINYL
TOKYO RECORDS
DJ EMMA
DJ WATARAI
K-PRINCE
emonic
PRANK Werid Store
クボタタケシ
東京キララ社
珍盤亭商店

PROMOTION
株式会社 銀座十字屋 ディリゲント
Discogs

機材協力
Pioneer DJ 株式会社

RELATED

霜田恵美子と蛭子能収によるジャケットも強烈な、楽しい音楽による80'sテクノポップ作が復刻

『キューピーたらこソース』のCMディレクターとしても知られる加藤良1こと加藤良助が中心となって1980年に結成された宅録ユニット、楽しい音楽。

レコードの日レーベル第1弾リリースとしてトリプルファイヤーや柴田聡子、シャムキャッツなどが参加した大瀧詠一カバー集が発売決定

国内最大級のアナログレコードのイベントとして今年で4年目の開催となる、レコードの日。今年もレコードの日当日には多彩なアーティストのアナログレコードが一斉に発売となる。第1弾発表ではジブリ作品のサントラやクレイジーケンバンド最新アルバムの待望のアナログ化などがアナウンスされたが、第二弾ではレコードの日レーベルの第1弾作品のリリースがアナウンスされた。

Dub Master Xとピアニカ前田による和物ラヴァーズの名曲がアナログ化 | VIDEOTAPEMUSICによるカバーも収録

Dub Master Xとピアニカ前田の2人がゲストボーカルにYOU、パーカッションにASA-CHANGを迎え、カネボウ化粧品のCM曲にもなった90年代を象徴する名曲"東京狼少女~TOKYO LUV STORY"が、10インチでリリースされることになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。