Beastie BoysのAd-RockとMike DがEminemのニューアルバム『Kamikaze』のアートワークについて語る

先月末にリリースされてからというもの、数多くの若手ラッパーへのディスなど話題の尽きないEminemのニューアルバム『Kamikaze』

そして、好きな人ならすぐ気付いただろうが、このアルバムのアートワークは、言わずと知れた白人ラッパ−の草分け的存在であるBeastie Boysのデビューアルバム『Licensed to Ill』のアートワークをオマージュしている。

今回、Beastie BoysのメンバーであるAd-RockとMike DはThe Strombo Showのインタビューに登場。
『Kamikaze』のアートワークについて語った。

『Kamikaze』はサプライズリリースされたことでも話題になったが、それはBeastie Boysの2人にとっても同じだったようだ。
Mike Dは“俺のところに10通か20通くらいメールが来たんだよ。それで、なんでいきなり50通も俺のとこにメールが来るんだ?てなって。皆『Kamikaze』のアルバムジャケットの写真をTwitterやら何やらで転送してきたんだよ。それで俺たちはやっと何が起こっているのか理解したってわけ。”と語っている。

そして、前述したように『Kamikaze』においてEminemは数多くのラッパーに対してディスを行っているが、この事に関してMikeは
“彼はディス曲という概念を復活させたね。僕たちのことは好きだと思うけど。”とEminemとの関係は別に悪くないと述べた。実際にEminemはBeastie Boysからの影響を公言している。

さすがのEminemでも白人ラッパーの大先輩であるBeastie Boysには噛みつけなかったのかもしれない。

RELATED

Donald Glover激似の人物がBeastie Boysの2006年のコンサート映像内で発見される

14年以上前にBeastie Boysがマディソンスクエアガーデンで行なった公演が『Awesome;I Fuckin’Shot That!』というドキュメンタリーになっている。この映像は手持ちカメラを渡された50人の観客が撮影したもので、この撮影方法は結果的に独特、時には無作為にコンサートを映した。そして今、その中のある一つのシーンが多くの関心を集めた。

Beastie Boysがデビューアルバム『Licensed To Ill』リリース後に解散の危機に陥っていた過去を明かす

白人ラップグループの先駆けとして、またその革新的な音楽性によって後世に強い影響を与えたBeastie Boys。三人の息の合ったマイクリレーが特徴なグループだけに仲の良いイメージが強いグループだが、かつてはそうではなかったようだ。

Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。