Eminemが最新作『Kamikaze』でTyler, the Creatorをディスする際に差別用語を用いたことを謝罪

先月8月31日にサプライズリリースされたEminemの最新作『Kamikaze』。Lil Yachty、Lil Pump、Drake、Migos、Machine Gun Kellyなど様々な若手ラッパーへのディスを行なった同作は賛否両論となり大きな話題を呼んだ。

中でも最も議論を巻き起こしたのは10曲目“Fall”でのTyler, the CreatorとEarl Sweatshirtに対するディスであった。2017年のアルバム『Flower Boy』にてカミングアウトと思われるリリックをラップし、その後も自身のセクシュアリティへの言及を楽曲の中で続けているTylerを同性愛者の男性への差別用語でディスするのは人権侵害である、との批判が多く寄せられたのである。今回、Eminemがそのような意見を受けてTyler, the CreatorとEarl Sweatshirtをディスした理由について語った。

SwayによるEminemのインタビュー企画にてTyler, the CreatorとEarl Sweatshirtの件について尋ねられたEminemは、「あいつらのようにやっただけだ。俺はあいつらの動きを本当にクールだと思っていた。俺へのリスペクトもあると思っていたんだ」と当初は二人を気に入っていたと前置きし、ディスは本意では無かったこと、自身がTylerに影響を与えたと考えていることを語った。しかし、Tylerが昨年発表されたEminemのアルバム『Reviaval』をTwitter上で批判し、その後Earl Sweatshirtもインタビューにて「Eminemを未だに聴いているような奴はMountain Dewの飲み過ぎ」と発言したことで、二人に対するディスを行おうと決心したのだという。

「fagg*t」という差別用語を用いたことについては、「あの時は本当に腹が立っていたからあんなことを言ってしまったんだ。あの曲を作ったときはそう感じていたけど、行き過ぎてしまったと思う。彼を傷つけようとして言ったことが、他の多くの人まで傷つけてしまったことに気づいたんだ」と謝罪している。

Eminemはデビュー当時より「Slim Shady」というオルターエゴを用いて他のラッパーに対し強烈なディスを行うスタイルで知られていたが、今回は流石に越えてはいけないラインを見誤ってしまったようだ。『Kamikaze』をきっかけに多くのラッパーとのビーフが発生、もしくは加熱してしまったが、果たして今後のEminemはどのようにうごくのだろうか?

RELATED

Tyler, The CreatorがA$AP Rockyに対して「制作中のプロジェクトについて喋るのをやめろ」と要求

“Potato Salad”や“Who Dat Boy”を始め幾度もコラボレーションを行い、プライベートでも親友として知られるTyler The CreatorとA$AP Rocky。しかし、今回Tyler, The CreatorがA$AP Rockyのある言動に対して苦言を呈している。

Tyler, The CreatorがTVや人種差別について語る

数多くの映画に出演しながらも、ヒップホップやスケートに造詣が深いことで知られている名優のジョナ・ヒル。そんな彼が監督を務めた映画『Mid90s』は現在アメリカで公開中だが、その映画に出演しているスケーター達が所属しているのがアメリカの西海岸を拠点として活動するスケートクルーIllegal Civilizationだ。

Jaden Smithがまたまた「Tyler, the Creatorと付き合っている」と発言

先月開催されたTyler, the creatorのフェス「Camp Flog Gnaw」に出演して以来、頑なに「Tyler, the Creatorは俺の彼氏だ」と主張し続けているJaden Smith。そんな彼が、またしてもTyler, the Creatorと付き合っている旨の発言を行った。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。